自律神経失調症

自律神経失調症

体に問題があるまま薬を飲み続けても、なかなか症状が回復しないばかりか、より強い薬を飲むことになってしまったりして、苦しんでいる人が多くいます。

たに整体院は、奈良で唯一の「足のバランスを整える」ことで、 カラダに出ている様々な不調を改善する整体院です。

病院や薬、また他の整体・マッサージ・鍼灸院などに行っても良くならない自律神経の乱れからくる症状は、「足のバランス」の悪さから来ているかもしれませんよ(*’▽’)

このページでは、知っておかなければ損をする「自律神経失調症に関する基礎知識」から、チェック方法・対策・改善方法まですべて網羅できるように書きました。

あなたの不調を改善するきっかけになることを祈っております。

あなたに、このような悩みはありませんか?

  • 性格を変えないとよくならないんじゃない?
  • ずっと薬に頼らないとダメなの…?
  • 誰も自分の気持ちを分かってくれない…。
  • 自分の好きなこともできない・・・。
  • 一生よくならないかも・・・。

もし、上記のことが思い当たる方でもあせらないでくださいね。僕も同じ経験をし、あなたと同じ悩み、気持ちを抱えて生活していました。

でも、自律神経の不調は、病気ではなく「必ず良くなる症状なんだ!」ということも身を持って知ることができました。

自律神経の不調は、

心だけの問題じゃないんです。

身体にも問題があるのです。あせらず1つずつ1つずつ症状を解消していけば好きなこと、やりたいことが絶対できるようになります。

僕と同じように、諦めかけているアナタが、少しでも参考になり、一歩でも前進できるよう、経験を交えてお話したいと思います。

自律神経失調症チェック

病院で検査しても問題ない方へ

病院

カラダに不調を感じて、病院で検査しても「何も問題ありません。」と言われたことってありませんか?

何が原因なの?すごく重い病気なんじゃないのか?いろんな不安が頭をよぎると思います。

でも、病院で検査チェックしても問題ないときは、自律神経のバランスが崩れていることで不調が出ていることが考えられます。

だから、あせらないでくださいね。

下記の、自律神経失調症のチェックをして、心当たりがあれば自律神経のバランスが崩れているかもしれません。まずは、チェックしてみてください。

自律神経失調症チェック(自律神経は乱れているの?)

チェック

このチェックをすると[自律神経の乱れ度]が分かります。

自分が今どのような状態で、今の不調をどのように対処すれば良いのかを知るためにも、チェックしましょう!

  • 季節関係なく、手足が冷えて、頭がボッーっとしてのぼせた感じがする
  • 立ちくらみ・めまいがする
  • ノドに異物がある感覚・ノドが詰まったようになる
  • 心臓が急にドキドキしたり、胸が締め付けられるような感覚がある
  • ひどくなると、心臓が飛び出しそうな気がするほど苦しい
  • 脈の音が脈を測らなくても、分かる
  • 胃の調子がよくない(膨満感・冷え・下痢・便秘・胃腸の痛み・胸焼け)
  • 首・肩のこりがひどい
  • 特に左半身のコリ痛みがつらい
  • 光がまぶしく感じる。蛍光灯や車のライトなど

【0~1個】 自律神経の乱れは、問題ないでしょう。
【2~5個】 注意が必要です。
【6個以上】 自律神経が乱れています。早く対処しましょう。

※これらの自律神経失調症チェックは、あくまでも目安になるものです。症状は、個人差がありますし、他の病気が関係していることも考えられます。

まずは内科的な検査などを病院で行うことをおすすめします。

そこで、問題がなければ、自律神経の問題が考えられますので、自律神経を安定させる治療を受けたり、自分で対処していきましょう。

うつではないの?(うつとの違い)

しんどい

うつとは、やる気が起きない、眠れない、イライラする、無気力、楽しめないなど精神的な不調が主に出ている状態をいいます。

逆に、自律神経失調症は、動悸や喉の違和感異物感、息苦しさ、めまい、耳鳴り、のぼせ、倦怠感、お腹の不調など身体的な不調が出てきます。

つまり、うつとの違いは、精神的な不調が強く出るか出ないかの違いです。

もちろん、自律神経失調症で身体的な不調があると、気持ちが落ち込んだり、不安になったりするので、精神的にも不調を感じているような状態になります。
ですが、それは、身体がしんどいから、気持ちも折れてくるといった状態だと考えています。

まとめると、うつと自律神経失調症は、身体的な問題を解消することに合わせて、精神的な不調を解消するという両面から治療を行うことが、非常に大切な点です。

僕の実体験から考えると、うつと自律神経失調症を分けて考えること自体が間違っていると思います。これらは、個人差がありますし、症状の出方も人それぞれ違います。
だから、分けて考えて治療するのではなく、総合的に見て、身体と心の両面から治療を行うことが、早期の回復につながると考えています。

※これらは、僕が経験したことや、患者さんからのヒアリングによるものなので、参考程度に見てください。病名としてうつ状態や自律神経失調症、パニック障害など様々な名称がつけられていますが、あくまでも症状名で、病気ではないということを、ご理解ください。

自律神経失調症の基礎知識

自律神経失調症とは?

女性の悩み

自律神経失調症は、心の不安・仕事や家庭でのストレスが原因になっている心の病気である。
改善方法としても、心療内科で薬を処方してもらう、カウンセリング、瞑想など気持ちから直すしか方法はない。

こんな風に自律神経失調症の原因を心や気持ちだけの問題だと誤解していませんか?

僕が考える自律神経失調症とは、心の不安・仕事や家庭でのストレスが100%原因になっているわけではありません。

心の不安・ストレスなどは全体から見ると約20%ぐらいであり、残りの80%は『自然治癒力の低下=身体のゆがみ』が原因になっています。

僕自身も自然治癒力が低下し、血液やリンパ液、脳脊髄液の流れが滞ることで自律神経失調症になっていました。 血液などの循環を改善していくと、症状は1つ1つ改善していき、今では仕事も遊ぶこともできるようになりました。

自律神経失調症の症状

首肩こり・腰痛・手足の冷え・お腹の痛み・胸が苦しい・食事が美味しくない・吐き気・めまい・頭が重い・頭重感・のぼせ・頭痛・慢性疲労・倦怠感・呼吸が苦しい・過呼吸・冷や汗をかく・外に出るのが不安・不眠・バスや電車に乗れない ・予期不安がある・動悸・心臓がドキドキ・のどに違和感異物感がある・赤面症・腰や肘など痛みなど…

自律神経失調症は、気持ちはやる気があるのですが身体がついて来ないという状態です。
イライラしたり、落ち込んだりする時もありますが、それは身体がつらく思うように動かないためであり、二次的な状態であると考えています。

つまり、自律神経失調症になっているのは、自分の性格が悪いのではなく、今の生活習慣や生活環境、身体のゆがみ、気温差、気圧差など外部的な原因と内部的な原因(今の自分の身体の状態)が組み合わさったときに、症状として現れ、「いま、身体を休めないと本当に壊れてしまいますよ。」という身体からの温かいメッセージだと思ってください。

はじめは、僕自身もこのように楽観的に考える余裕など、全くありませんでしたが、今は本気でそう思いますし、あの時、自律神経失調症になっていなかったら、今の自分は本当に壊れてしまっていたと思います。

自律神経とは?

脳波

自律神経とは、呼吸器、循環器、消化器などがバランスを崩して調節して、一定の状態を維持している神経です。

自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」というものがあります。この2つの神経は身体を安全にコントロールするために、その時、その瞬間の状況の変化に対応して自分の意思とは関係なく本能的に働いている神経です。

交感神経は昼間活動しているときに優位に働き、副交感神経は安静にしているときに働き、それぞれの伝達ホルモン物質を瞬時に調整しているのです。

健康な状態にある時は、この2つの神経はバランスよく保たれています。

自律神経の不調が起こる仕組み(原因)

はてな

頚椎と頭蓋骨の接続部には自律神経が集中していて、圧迫された自律神経は伝達不良になったり、また交感神経や副交感神経の伝達ホルモン物質がどちらかに片寄りが起こり、人によってそれぞれ異なった症状を起こしているのです。

車に例えると、健康な状態とは、ギヤがニュートラル(中立)またはドライブの位置にあり、常に次の動作や危険に備えているのです。これを人間に当てはめると、神経の伝達不良によりエンジンが停止したり、またこのギヤが壊れニュートラル(中立)またはドライブの位置を保てず、ギヤがトップの前進(機能亢進)、またはバックの(機能低下)そのどちらかに片寄ってしまった状態なのです。

そのため、その先にある器官や臓器も同様に機能亢進したり、逆に機能低下した症状が起こってしまうのです。

これが自律神経失調症の特徴であり、多くの場合、この自律神経失調症状を伴いながら本格的な病気へと進んでいるのです。

大部分の器官や臓器は、交感神経と副交感神経の二重支配を受けています。

だから、自律神経失調症状を追求していくと、同じ部位の病気であっても機能亢進や機能低下の片寄った、あるいは両極端の症状が見られるのはこのためなのです。(うつとそう、高血圧と低血圧、便秘と下痢、過食症と拒食症など)

また、逆に内臓の病気や重病の人をよく観察してみると、自律神経失調状態を伴っている場合が多くあるのです。病気の始まりは、この自律神経の働きが狂ってしまうところに根本原因があったのです。

自律神経失調症の改善対策

笑顔の女性

まずは、自律神経失調症を改善するには、
『自然治癒力が働ける環境をつくること』です。

この自然治癒力が働ける環境というのが、

  1. 体液の循環がよい (体のゆがみの改善、適度な運動)
  2. 体液の質がよい (食事、サプリメント)
  3. 良い睡眠をとること (まくら、寝る前の行動)

この3つの条件です!
【2】や【3】については、食事法や睡眠方法などありますが、 身体のゆがみを整えて、体液の流れを改善する【1】が最も重要です。

では、どのように体液(血液やリンパ液、脳脊髄液など)の循環をよくして、自律神経の不調を改善するのでしょうか?
自分でできる改善方法についてご紹介したいと思います。

自律神経失調症とツボ

手の反射区

自律神経のバランスを整える方法で、ツボを刺激する方法があります。
ここでは、簡単にできる手のツボについて1つだけご紹介します。

【労宮】…心を落ち着かせる

手のひらのほぼ中央。中指と薬指を曲げた時、指先が当たるところ。※画像でいうと呼吸器や心臓、大腸のあたりです。

刺激は、痛みを感じない程度に、押したり、擦ったりしてみてください。手のツボを刺激するだけでも、副交感神経が働いてリラックスすることができる場合がありますよ。

自律神経失調症とヨガ

海でヨガをする外国人女性

自律神経失調症には、ヨガは効果的なのか?
結論からいうと、効果があると僕は考えています。

僕自身も、自律神経の不調に悩まされていたときは、自宅でDVDを見てヨガをしていました。

ヨガは、ハードなヨガからソフトなゆったりとしたヨガなど様々あります。
ここで注意するのは、いきなりハードなヨガをすることです。

適度な運動は、血行を改善して自然治癒力を高めますが、ハードすぎるとただ疲れるだけになり、自律神経にはよくありません。

なので、ヨガをするときは、呼吸を意識したソフトなヨガを選んで行うようにしましょう。
自宅から出れない場合は、DVDやスマホのアプリなどでも簡単なヨガはできますので、まずはそこからトライしてみてください。

自律神経失調症と運動スポーツ

運動

「運動ってしなくちゃいけないの?」

自律神経の不調のときは、あまり動けないので、運動をしないとダメなのかなと思いがちです。でも、焦る必要はないです。

身体が今はあまり動かなくていいと教えてくれているので、無理に「運動しよう!」「スポーツをはじめよう!」とは、考えなくていいと思います。

1番大切なことは、運動をするにしても、それが自分の好きなことで、ワクワクして心から楽しめることをしていくこと。

今の状態で、やりたいこと、好きなことをできるだけできるように行動していくこと。これがすごく大事です。

自律神経失調症と食事

食事

自律神経失調症の場合は、優先順位としては低いですが、食生活の工夫も必要な場合があります。

でも、基本的には、好きなモノを食べ、お腹が空いたら食べるという感じで、無理に「これを食べないとダメ!」と決めつけないようにしましょう。

ここでは、基本的なことだけをお伝えしますので、これだけでも気をつけると身体にとっては、良い循環ができると思います。

【健康を害する可能性のある毒を排除する】

  1. カフェイン…コーヒー、紅茶、緑茶、コーラ、チョコなど
  2. 添加物…ファーストフード、お菓子など
  3. 牛乳…アイスクリーム、ヨーグルト、チーズなど
  4. 砂糖…デザート類

食事改善するなら、まずは「摂らないものを決める」ようにしましょう。

これが身体に良いからといって、栄養のあるものを取るのではなく、身体の毒になるものを排除した方がよっぽど早いからです。

まずは、上記の毒素と言われているものを排除してみましょう。※極端にまったく摂らないと考えず、「半分にしてみよう!」とか気楽に考えてくださいね。

自律神経の不調を改善する方法

1.薬局

漢方

自律神経失調症の場合で、症状がきついときや既存の薬物療法に抵抗がある方には、漢方薬という方法もあります。

漢方薬は、薬効成分のある植物や動物、鉱物などの生薬を東洋医学の考えを元に組み合わされています。

また、漢方薬は病院でも処方してくれる場合があるので、担当医がいる方は、先生に相談してみましょう。

2.心療内科

病院

自律神経失調症の症状が出たとき、ネットで調べたり、検査で異常がないことがわかって、最終的に行き着く先は、心療内科だと思います。

本来、心療内科は、単に、薬を処方するだけでなく、こころとカラダの両面から統合的に見て、良くしていこうとする考え方があります。

カウンセリングを中心にするところもあれば、薬物療法だけのところもありますが、しっかり話を聞いて受け入れてくれる先生にしましょう。

でも、心療内科の先生によって大きく治療方針が異なりますし、心ないコトバを言う先生もいます。なので、オススメは心療内科に行った方の話を聞いから選ぶようにしましょう。

奈良市周辺なら、僕が信頼している先生がいるので、僕にご相談くださいね。
きょうこころのクリニック

3.心理療法

カウンセリング

心理療法と聞いて、怪しいと思われてないですか?
でも、心理療法は、自律神経失調症には非常に効果的だと僕は考えています。
特に、パニック障害など予期不安でお困りの方には、最適な方法です。

一般的な心理療法は、対話や訓練を通じて、認知、情緒、行動などに変容をもたらすことで、日々の無意識に行っている行動や思考を良い方向へ改善していく方法です。

臨床心理士さんがカウンセリングをする形で行うことが多く、心療内科でも心理療法を併用した治療を行うところが増えています。

性格を変えるということではなく、無意識に自律神経のバランスが取れるような行動、思考ができるように訓練する方法だと思ってください。

目的は、どんなことが起こってもプラスの解釈で思考、行動できるようになることです。
これができれば、予期不安などでお困りの方も、解決できるようになりますよ。

僕がお世話になった先生がいる心理療法を指導しているところです。
※ご参考までに⇒西尾心理療法指導室

4.理学療法

理学療法

ここでいう理学療法とは、指圧、マッサージ、鍼灸、整体のことです。

これは、できるだけ多用してみてください。

自律神経失調症は、心だけの問題ではなく、カラダにも歪みなどの問題が起きて、症状が出ているので、身体からみていくことも大事なのです。

ゆがみを調整したり、リラックスできる身体ができてくると自律神経も安定して、症状が1つ1つ確実に改善できます。
ここでは、整体についてお話したいと思います。

奈良「たに整体院」の自律神経専門整体コース

たに整体院

たに整体院の施術方法は、不調の起こっている部位を、強く揉んだり、マッサージしたり、骨をバキバキ矯正するような施術は行っていません。

奈良「たに整体院」では、下記の3ステップで、ソフトな身体にやさしい施術で、自律神経の不調を改善していきます。

  • 足の調整
  • 呼吸の調整(喉・気管支・肺)
  • 内蔵調整

たに整体院では、土台である「足」を整えていくことで 『自然治癒力が働ける環境』をつくり、不調を根本から解消していきます。

1つずつ症状が減っていくのが実感できます。

もし、今あなたが自律神経の不調を解消して、やりたいこと、好きなことを達成したいと本気で思っている方は、ぜひ奈良「たに整体院」へお電話ください。

必ずお役に立てると思います。

ここで、当院の整体を受けた体験者さんの声をご覧ください

家に帰った時、とても気持ち良くいられます。

アンケート用紙

消化不良で食べても調子が悪く、体もいつも重くいろいろな事にやる気がおきなくて辛い思いをしていました。

施術を受けて、体の重い感じがなくなり、毎回、心も体もリラックスできてホッとします。

ここにきて良かったなと思ったのは、家に帰った時、とても気持ち良くいられることです。

(奈良県宇陀市 立ち仕事 自律神経の不調・外反母趾)

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

リラックスできて病気の事を忘れます。

アンケート用紙

1.今までの経緯・ツラさは?
自律神経の不調で悩んでいたが、日に日に良くなってきてるのがわかる。

2.この整体の良さはなんですか?
体がすごく楽になり気持ちがいいし、おちつく。

3.ここに来てよかったなと思った時は?
リラックスできて病気の事を忘れる。

(奈良県奈良市 主婦 自律神経の不調・首コリ)

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

困ったときはご相談ください! あなたからのお電話を 心よりお待ちしています

0120-934-455

受付時間 9:00~20:00

定休日 月曜日

ネット予約は24時間受付

ネットで予約・問い合わせする

LIENでのご予約はこちら

※当日のご予約はお電話でお願いします。

たに整体院と他院との3つの違い

違い1:痛みのない骨盤矯正&全身整体で 根本から不調を改善する

違い1

当院は、痛みのない骨盤矯正&整体で、自律神経やホルモンの乱れからくる女性特有の不調の改善が得意です。

骨盤のゆがみ・頭痛(片頭痛)・めまい立ちくらみ・手足の冷え・ひどい肩こり・どこに行っても良くならない腰痛など、

ソフトでも根本から改善するので、自律神経やホルモンの乱れからくる不調でお困りの方に喜ばれています。

違い2:足の型取り&テーピングで 良い状態が長持ちする

違い2:

当院は、奈良で唯一、どんな症状でも足型をとるので「体のバランス」「どこに負担がかかっているのか?」 ということがより正確に把握でき早期に痛み不調を改善できます。

また、足にソフトなテーピングを行い、土台である「足」が安定すると「良い状態が長持ち」して不調の出にくい体をつくることができます。 (テーピングが苦手な方でも、テーピングに代わる方法がありますので、安心してお越しください。)

違い3:お医者さんからも推薦を頂く 確かな技術力がある

当院は、「医師からも推薦状をいただく整体院」です。 医療の専門家から推薦いただいた施術方法なので、安心して受けることができます。

はじめまして、院長の谷です

僕が整体を始めた理由は、体のことを考えずに仕事や資格勉強をがむしゃらにしたことでひどい肩こり・頭痛など自律神経の不調に悩まされた経験があるからです。

病院や整体、マッサージにも通ったのですが、自律神経の不調への認識が低く、『もう、良くならないかも…』とあきらめかけていました。

そんな状況の中で、
『もうコレは自分で体のことを勉強して治すしかない』と思い、整体の道へ一歩踏み出しました。

その勉強の中で、僕は運よく素晴らしい先生に出会うことができました。その先生のお話や施術を受けたとき、
『こんなに体って軽くなるんだ!』と感動したのをハッキリ覚えています。

“僕が体験した「もう良くならない」とあきらめかけていた気持ちを「もっと良くなるんだ!」という喜びに変化させることができる施術を知ってもらいたい”

自分の本当の力を信じてあげてください。あなたの体にはすごい力が備わっているのです。
僕にできる最高の施術でサポートさせて頂きます。

  • 施術風景
  • 院内風景

医療専門家からの推薦

「基礎になる足元の不安定さを 整えて、膝や腰を改善していく。 理想の形を瞬時に作れる所が いいです。」“医療法人社団 東医会” 松田医院 和漢堂 松田院長

テーピングをした瞬間に「足のアーチができてる」というのが実感できます。
足を理想の形に瞬時に持って行けるところがいいです。
足指を使って、大地をガッチリ掴んで歩いている実感があります。 まず基礎になる足元の不安定さを整え、膝や腰を改善していく方法です。

「歩き方から変わる」この方法は、原因の根本改善となるので、良いと思います。

「歩き方から変わる」この方法は、原因の根本改善となるので、良いと思います。

ホームページを見て ご予約くださった方だけの特典

※定員数に達し次第終了させていただきます。お早めにお電話下さい!
※ご予約の際に「ホームページを見た」とお伝えください。
※2回目以降は施術料1回6,500円です。

ご予約の前に必ずご確認ください

申し訳ありませんが、このような方は施術をお断りする場合があります。

■ マッサージをしてほしい方
■ 1回2回で痛みをとってほしい方
■ 当日キャンセルする方
■ 時間の約束を守らない方

施術をしていく中で、お互いの気持ちにズレがあると良くなる症状も改善しずらくなります。
もし、あなたが痛み不調を根本的に改善して、やりたいこと、好きなことを叶えたいと思っているのであれば、当院にお任せください。

困ったときはご相談ください!あなたからのお電話を心よりお待ちしています

0120-934-455

受付時間 9:00~20:00

定休日 月曜日

はい、たに整体院です

と電話に出ますので、

ホームページを見て、 初めて予約を取りたいのですが

とお伝え下さい。
ご希望の日時を質問させていただきます。

ネット予約は24時間受付

ネットで予約・問い合わせする

LIENでのご予約はこちら

最後に

谷 信弥

痛みや不調っていうのは、身体からのメッセージで、悪いものではないんです。
これに気づけない状態の方がよっぽど怖いのです。

家事や育児、お仕事で忙しい毎日を送っていると、このメッセージに気づけず、気づいた頃には寝込んで動けないほどの不調に悩まされてしまうことがあるんです。

僕も、身体の声を無視し続けた結果、自律神経の不調に悩まされ仕事も好きなことすらできなくなりました。だから、あなたに心から伝えたいです。
『健康』じゃないと普通にできていたことができなくなります。

今あなたは、そのメッセージに気づいたのですから、しっかり根本から改善してみませんか?
一緒に元気になり、好きなこと、やりたいことを実現させましょう!
あなたのご来院を、心よりお待ちしております。

たに整体院 谷信弥

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00