腸脛靭帯炎(ランナー膝・ランナーズニー)

あなたに、このような悩みはありませんか?

  • 運動時に膝関節の外側周辺1~3センチの所に痛みがある
  • 正座がしにくくなった
  • ランニングや下り坂、階段の昇り降り時に痛くなる
  • 痛みで走れなくなるが、少し休むと楽になり、また走ると痛くなる

近年、マラソンブームやウォーキングブームの影響で膝の痛みでお困りの方が増えています。患者さんのお話をお伺いすると、「湿布やサポーターをしてもなかなか良くならない…」とどうしたら良いのか分からない状態で来院されます。

腸脛靭帯炎について理解しておけば、痛みが出たとしても適切な方法で対処すれば痛みを改善、予防することも可能です。痛みが出たことを良い機会として、根本からしっかり改善しましょう!

もし、あなたが、上記のような膝の外側の痛みでお困りの方は、ぜひ最後まで読んでみてください。マラソンやランニングなどをやめなくても良いという希望が持てる内容になっていると思います。

ここで、当院の整体を受けた体験者さんの声をご覧ください

一回目の施術で痛みがなくなったので良かったです。

アンケート用紙

右足の小指がほとんど地面についていなかった事にはおどろきました。
一回目の施術で痛みがなくなったので良かったです。

(奈良県奈良市 20代男性 営業職 腸脛靭帯炎・膝痛)

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

施術後の足の状態と今までの状態の違いがすごい!

アンケート用紙

今までの症状は、姿勢の悪さと足の形も問題かと思う。
歩き方もしっくりこない。

白くてキレイな店内は長居したくなりますね。シンプルでわかりやすく話してくれますよ。

施術後の足の状態と今までの状態の違いがすごい!しばらくテーピングで過ごしてみるのが楽しみです。
あきらめないで!治す方法は無限にあります。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

腸脛靭帯炎(ランナー膝・ランナーズニー)になりやすい方

ジム
腸脛靭帯炎になりやすい方には、下記のような特徴があります。特に、O脚や足首の外側を捻挫したことがある人などは、体重が外側によりやすいので、腸脛靭帯炎になりやすいです。
また、普段からストレッチなどを怠っている方は、疲労が蓄積して痛みが出ることもあるので注意が必要です。
  • 陸上競技の長距離選手や自転車(サイクリスト)など長時間の膝を伸展屈曲する運動を行っている方
  • ランニングを始めて各地の大会に出場するために過度な練習をしている方
  • かかとの痛み(足底筋膜炎など)やO脚(内反膝)、外反母趾など足が不安定になっている方
  • 足首が内半して足首にもたまに痛みが出るときがある方
  • 靴の外側が減りやすい方

腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)とは?

腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)は、腸骨(骨盤の骨)から太ももの真横を通り、脛骨(スネ外側の骨)の外側に付着する靭帯です。腸脛靭帯炎は、その付着する部位で痛みが起こってきます。

靭帯は、少しの弾力性があり、強靭な結合組織で骨と骨を繋ぎ関節を形づくる役目を持っています。主に靭帯は、長いコラーゲンの線維でできています。

腸脛靭帯炎の症状

膝外側の痛み

腸脛靭帯炎の症状は「膝の外側」に痛みを感じます。
膝の痛みと言っても、痛みの位置や痛みが起こるシチュエーションによって対処法が変わってきます。

まずは、何が原因になっているのかを理解して、治療を行うことで早期に腸脛靭帯炎も改善することができます。

腸脛靭帯炎の痛みは、主に、膝の外側に走った後、走っている最中、長時間の歩行、患部を指で圧迫したときなどに感じます。初期の段階だと、痛みが出ても、歩いたり休息をとることで痛みが軽減して、また動くことができます。

※この初期の段階で治療することが最も早く腸脛靭帯炎の痛みを解消できます。

症状が進行し慢性化してくると、走っている時や歩行中に痛みが起こると、その場で動けなくなるほどの痛みで、「足を引きずらなければ歩けない」というような状態になる場合もあります。

特に、痛みが発生する動作は、膝を伸展するとき(しゃがんで立ち上がる動作)やランナーであれば地面を蹴り出す動作、サイクリストならペダルを踏み込む動作のときに、痛みが強く出るのが特徴です。

腸脛靭帯炎の原因

はてな

腸脛靭帯炎は、腸骨の筋肉で股関節の屈曲、膝関節の伸展を行う大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)と 大臀筋(だいでんきん)が疲労すると靭帯にくっつくように柔軟性がなくなり、靭帯が大腿骨にすり合うことで徐々に痛み炎症が出現することが原因です。

また、大腿筋膜張筋や大臀筋に疲労が蓄積され、痛み炎症がなかなか治まらない原因として、「足」の不安定があります。

足裏が足底筋膜炎(足底腱膜炎)や外反母趾、浮き指(歩くときに指が浮いた状態になっている)、扁平足、ハイアーチになることで、足が不安定になり、その不安定が過剰な衝撃を体に伝えてしまうことで、余計に痛み炎症をひどくさせてしまいます。

特に過度なアップダウンの激しいランニングやウォーキングをすると足裏からの衝撃や足首のねじれが脚に負荷がかかり、さらに痛みを強く感じて動けなくなることもあります。

一般的な整形外科での対処法

病院

整形外科では、基本的に安静にすることに合わせて、湿布や電気治療・アイシング・サポーター・足底板などで治療を行っていく場合が多いようです。

しかし、多くの方は大会前や練習で負荷をかけているときなので、簡単に休むことができないですよね。

そして、痛みを抑えながら運動をすることで痛みがひどくなってしまうという状態になりがちです。

なので、痛みがあるけど運動したい、運動しなければという状態であれば、一時的に痛みを抑えるだけでなく、根本的な治療が必要になります。

奈良「たに整体院」の施術

たに整体院

腸脛靭帯炎は、簡単にご説明すると腸脛靭帯に関係している筋肉が疲労し、靭帯がピンっと張りすぎて大腿骨に擦れることで炎症を起こしています。

最近は、特に自転車(サイクリング・ロードレース)やマラソンブームなどで当院へ「痛みが出たり、少し楽になったりの繰り返してよくならないんです…。」 とお悩みを抱えた方が多くいらっしゃいます。

今まで来院された患者さんは、1~2か月に一度のメンテナンスを行いながら遠方のフルマラソンやハーフマラソン、野球などのスポーツを元気に行っています。

当院の施術は、土台である「足」から整えることから、全身の歪みを調整し「自然治癒力」が働ける環境をつくり、腸脛靭帯炎を根本から改善していきます。

  • 筋肉
  • 骨格の歪み
  • 内臓疲労
  • 足のアンバランス(外反母趾・扁平足・足首の歪みなど)

以上のように4つの段階を経て細かい調整を行い、腸脛靭帯と関係している筋肉の緊張を緩和させていきます。

筋肉の過度な緊張を取り除いていくと自然な脚の使い方できるようになり、炎症も自然に回復できます。

先ほどもお伝えしたように、足の指に変形があったりすると疲労が蓄積されやすくなりますので、足にテーピングを行うことで良い状態が長持ちできる施術を行います。
※テーピングをした状態でもスポーツや運動はできますのでご安心ください。

整形外科などでは、電気治療や膝だけの施術など痛みがある部分だけの治療ですが、当院では、腸脛靭帯炎の原因を根本から取り除くとともに、再発しない施術を行います。

腸脛靭帯炎(ランナー膝・ランナーズニー)の痛みでお困りの方は、ぜひ奈良「たに整体院」の施術を受けに来てください。

困ったときはご相談ください! あなたからのお電話を 心よりお待ちしています

0120-934-455

受付時間 9:00~20:00

定休日 月曜日

ネット予約は24時間受付

ネットで予約・問い合わせする

LIENでのご予約はこちら

※当日のご予約はお電話でお願いします。

たに整体院と他院との3つの違い

違い1:痛みのない骨盤矯正&全身整体で 根本から不調を改善する

違い1

当院は、痛みのない骨盤矯正&整体で、自律神経やホルモンの乱れからくる女性特有の不調の改善が得意です。

骨盤のゆがみ・頭痛(片頭痛)・めまい立ちくらみ・手足の冷え・ひどい肩こり・どこに行っても良くならない腰痛など、

ソフトでも根本から改善するので、自律神経やホルモンの乱れからくる不調でお困りの方に喜ばれています。

違い2:足の型取り&テーピングで 良い状態が長持ちする

違い2:

当院は、奈良で唯一、どんな症状でも足型をとるので「体のバランス」「どこに負担がかかっているのか?」 ということがより正確に把握でき早期に痛み不調を改善できます。

また、足にソフトなテーピングを行い、土台である「足」が安定すると「良い状態が長持ち」して不調の出にくい体をつくることができます。 (テーピングが苦手な方でも、テーピングに代わる方法がありますので、安心してお越しください。)

違い3:お医者さんからも推薦を頂く 確かな技術力がある

当院は、「お医者さんからも推薦状をいただく整体院」です。 医療の専門家から推薦いただいた施術方法なので、安心して受けることができます。

はじめまして、院長の谷です

僕が整体を始めた理由は、体のことを考えずに仕事や資格勉強をがむしゃらにしたことでひどい肩こり・頭痛など自律神経の不調に悩まされた経験があるからです。

病院や整体、マッサージにも通ったのですが、自律神経の不調への認識が低く、『もう、良くならないかも…』とあきらめかけていました。

そんな状況の中で、
『もうコレは自分で体のことを勉強して治すしかない』と思い、整体の道へ一歩踏み出しました。

その勉強の中で、僕は運よく素晴らしい先生に出会うことができました。その先生のお話や施術を受けたとき、
『こんなに体って軽くなるんだ!』と感動したのをハッキリ覚えています。

“僕が体験した「もう良くならない」とあきらめかけていた気持ちを「もっと良くなるんだ!」という喜びに変化させることができる施術を知ってもらいたい”

自分の本当の力を信じてあげてください。あなたの体にはすごい力が備わっているのです。
僕にできる最高の施術でサポートさせて頂きます。

  • 施術風景
  • 院内風景

医療専門家からの推薦

「基礎になる足元の不安定さを 整えて、膝や腰を改善していく。 理想の形を瞬時に作れる所が いいです。」“医療法人社団 東医会” 松田医院 和漢堂 松田院長

テーピングをした瞬間に「足のアーチができてる」というのが実感できます。
足を理想の形に瞬時に持って行けるところがいいです。
足指を使って、大地をガッチリ掴んで歩いている実感があります。 まず基礎になる足元の不安定さを整え、膝や腰を改善していく方法です。

「歩き方から変わる」この方法は、原因の根本改善となるので、良いと思います。

「歩き方から変わる」この方法は、原因の根本改善となるので、良いと思います。

ホームページを見て ご予約くださった方だけの特典

※定員数に達し次第終了させていただきます。お早めにお電話下さい!
※ご予約の際に「ホームページを見た」とお伝えください。
※2回目以降は施術料6,500円のみでお受けいただけます。

ご予約の前に必ずご確認ください

申し訳ありませんが、このような方は施術をお断りする場合があります。

■ マッサージをしてほしい方
■ 1回2回で痛みをとってほしい方
■ 当日キャンセルする方
■ 時間の約束を守らない方

施術をしていく中で、お互いの気持ちにズレがあると良くなる症状も改善しずらくなります。
もし、あなたが痛み不調を根本的に改善して、やりたいこと、好きなことを叶えたいと思っているのであれば、当院にお任せください。

困ったときはご相談ください!あなたからのお電話を心よりお待ちしています

0120-934-455

受付時間 9:00~20:00

定休日 月曜日

はい、たに整体院です

と電話に出ますので、

ホームページを見て、 初めて予約を取りたいのですが

とお伝え下さい。
ご希望の日時を質問させていただきます。

ネット予約は24時間受付

ネットで予約・問い合わせする

LINEでのご予約はこちら

最後に

谷 信弥

痛みや不調っていうのは、身体からのメッセージで、悪いものではないんです。
これに気づけない状態の方がよっぽど怖いのです。

家事や育児、お仕事で忙しい毎日を送っていると、このメッセージに気づけず、気づいた頃には寝込んで動けないほどの不調に悩まされてしまうことがあるんです。

僕も、身体の声を無視し続けた結果、自律神経の不調に悩まされ仕事も好きなことすらできなくなりました。だから、あなたに心から伝えたいです。
『健康』じゃないと普通にできていたことができなくなります。

今あなたは、そのメッセージに気づいたのですから、しっかり根本から改善してみませんか?
一緒に元気になり、好きなこと、やりたいことを実現させましょう!
あなたのご来院を、心よりお待ちしております。

たに整体院 谷信弥

関連記事

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00