足底筋膜炎(かかとの痛み)

あなたに、このような悩みはありませんか?

  • 足の親指を反らすと足裏が痛くなる
  • 朝歩きはじめるとビリッと痛む
  • 歩いているとピリッと痛みが走る
  • マラソン中やマラソン後にカカトが痛くなる
  • 外反母趾や浮き指になっている
  • インソールや痛み止めでもよくならない
  • 座ってじっとしていても、ジンジンッと鈍い痛みがある

上記の症状に心当たりがある方、もう大丈夫です!

病院で湿布や痛み止めをしても良くならない、どこに行けばよいか分からない足底の痛みは、正しい手順と方法で施術を行うことで改善が期待できます。

もし、今あなたが、

  • 「もう治らないの?」
  • 「一生、この痛みと付き合うの?」
  • 「どうやったら良くなるの?」

と悩んでいるのであれば最後まで読んでみてください。
こういう方法で良くなるんだと気持ちが楽になる内容になっていると思います。

病院に行ったり、接骨院やマッサージ、リハビリ施設で色々な治療法を試したけど、一向によくならない…。「もう、足の痛みは治らないのか…。」と将来に不安を感じていませんか?

でも、だいじょうぶです。

足底筋膜炎は、アナタに合った、正しい順番と方法で治療を行えば、早期に改善することも可能です。

当院は、奈良で唯一の「足のバランスを整える」施術で、フルマラソンの完走や趣味のハイキング、山登り、お仕事が元気に行えるようにまで、皆さん回復されています。

足底筋膜炎による土踏まず、かかとの痛みでお困りの方は、ぜひ奈良「たに整体院」へお問い合わせください。

足底筋膜炎になりやすい方

  • マラソンランナー
  • 山登りをする方
  • 女性の方で、立ち仕事でしゃがむ動作を繰り返しおこなう方
  • ジャンプ動作を繰り返すスポーツをしている方
  • 慢性的に腰痛や冷えむくみの不調がある方
  • 体重が少し増えて気になる方

このような生活習慣やスポーツをしていて、「病院に行っても痛み止めや湿布だけの対処療法でなかなか改善しない」「病院に行っても治らないと言われた…」という方に向けた、痛み止めや湿布、電気治療以外の方法で足底筋膜炎を改善する方法をお伝えしていきます。

ここで、当院の整体を受けた体験者さんの声をご覧ください

今迄どおり歩けるようになりました。

アンケート用紙

距離の歩行中、足底筋が突っ張り、指をまるめて歩いた事がありましたが、それ以外トラブルを感じた事なく、趣味のハイキングを楽しんで来ました。
年月の経過と共に、アーチが崩れ外反母趾になり、ある日の起床時、足の甲とアーチに痛みが発生し、素人治療をしていましたが、歩行時、まだ痛みが続くので、この先の事を考えて受診しました。
何でも、お聞きしやすい雰囲気を感じ、分からないことをお尋ねしても、丁寧に説明して下さる。言葉遣いも丁寧で、細かい気遣いも感じます。整体の手技も丁寧で、早く痛みから開放してあげようとの一生懸命さを感じます。
治療のお陰で、当初の足の甲とアーチの痛みを感じる事なく、今迄どおり歩けるようになりました。(受診してまだ日が浅いので、時には軽い痛みがありますが、こちらの整体院がありますので、心強いです。)

(大阪府柏原市 60代女性 足底筋膜炎・外反母趾・足甲の痛み  )

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

土踏まずの痛みがなくなった

アンケート用紙

朝立ち上がる時の足の裏の痛みは相当つらかった。

痛みに対するピンポイントとの施術だけでなく、体全体のバランスもとってくれる。

初診で土踏まずの痛みがなくなった。

(Uさん 和歌山県 50代男性 会社員 足底筋膜炎)

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

ディズニーランドにも行けそうです!

アンケート用紙

足を酷使していたためか、一気に外反母趾が進んで痛みが増していました。先生に清潔な落ちついたお部屋で、じっくりお話を聞いていただき、施術を受け、教えていただいたストレッチ・マッサージを毎日必ず実行して、足をいたわってあげました。

歩き方も意識するようになりました。病院にいっても良くならず、もう治らないかとも思い旅行にもいく自信がなく悲しかったのですが、ひと月ほどで痛みがかなり改善されました。長く歩いても辛くなくなりましたし、座っていると痛みを忘れてしまうほどです。

この調子だと、友人に誘われているディズニーランドも行けそうです。とても感謝しています。

(奈良県生駒市 50代女性 足甲の痛み・外反母趾・肩こり)

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

足底筋膜炎(足底腱膜炎)とは?

  • 足底筋膜炎
  • 足底の痛みポイント

足底筋膜炎(足底腱膜炎)とは、図のように足底腱膜が足をつくたびに引っ張られ、腱膜炎(腱膜の炎症)や骨膜炎(硬くなった腱膜が骨膜を引っ張る)が起こり、かかと内側周辺が痛くなる状態をいいます。(画像の×印が実際に痛みを感じている所)

足底筋膜炎(足底腱膜炎)は、

  • 長時間の立ち仕事
  • マラソンなどのスポーツ
  • バレエなどのジャンプしたりする動作が多い競技

をしている方に多く見られる症状です。
※足底筋膜(足底腱膜)とは、足裏にある「膜」のように幅広い腱のことで、踵の骨から足指に付け根の部分にくっついています。

足底筋膜は、足部のアーチを保持する役目があり、走る、歩く、ジャンプなどの動作による衝撃やねじれを吸収するようにできています。

  • 朝起きて、歩き始めの一歩目が痛い
  • 動き始めの一歩目が痛い
  • 歩き始めが痛いが、動き出すとラクになってくる
  • じっとしていても、ジンジン痛む
  • 足裏を押すと、ポイントで痛い場所がある
  • 湿布をしても治らない  など

足底筋膜炎の原因

足底筋膜炎の痛みの場所

足底筋膜炎の痛みの原因は、

  • 使いすぎたから
  • 体重が重いから
  • 踵にトゲ(骨棘)ができているから
  • 扁平足だから

など、様々な原因が言われますが、間違っていることの方が多いです。なぜなら、よく足を使っているスポーツマンや体重が重い人全員が、足底筋膜炎になっているわけではないからです。

当院に来院された足底筋膜炎でお悩みの方でも、骨棘ができている、体重が重い、扁平足だから痛みが出ているというわけでないです。

では、何が原因で痛みが出ているのでしょうか?

それは、「足の縦と横のアーチの柔軟性低下」です。

具体的に、アーチの柔軟性が低下する原因としては、「関節の歪み捻れ」「筋肉の過緊張」が考えられます。
足底筋膜炎は、足裏にある足底筋膜(足底腱膜)が伸縮がうまくできずに引っ張られ、炎症が出ている状態です。

つまり、足底筋膜炎は、足にある縦と横のアーチに柔軟性があれば、痛みが回復していくのです。これが「病院で骨に異常がない(または、両足にトゲが出ているのに痛みは片方だけ)」のに足裏に激痛が走る原因なのです。

足の縦と横のアーチ

  • 縦アーチ
  • 横アーチ

足裏のアーチは、足裏部分に縦横4つあり、ランニングや立ち仕事時の地面からの衝撃捻れを吸収する役割をもっています。

その足裏のアーチが少ない状態を「扁平足(へんぺいそく)」や「浮き指(うきゆび)」と呼びます。クッションの役割をもつ足裏のアーチが少なくなることで、足底筋膜(足底腱膜)に負担がかかり、痛みが出てきますが、

足裏のアーチがあることで、悪い歩き方やランニング、ジャンプなどの動作をしたときに地面からの衝撃を和らげてくれます。
(出典 過労性構造体医学 笠原巌)

※扁平足とは、足裏のアーチ(特に土踏まず)が落ちてくる状態のことで、かかとの骨に付着している足底腱膜が引き伸ばされ足底腱膜炎になる可能性もあります。

でも、扁平足だから足底筋膜炎になるわけではないので、ご安心下さい。
また、扁平足の方は、足裏のアーチが少ないことで地面からの衝撃を受けやすく、疲れやすかったり、足のむくみ冷えなど他の症状も起こることがほとんどです。

※浮き指とは、立っている時や歩いている時に足の指に体重がのっておらず、足の指が浮いた状態になっていることをいいます。

最近では、小学生や中学生の子供さんにも見られる症状です。 浮き指になると、指が反ることで足底腱膜が引き伸ばされ、足底腱膜炎を起こしやすくしてしまいますので、足裏に痛みが出た時は、浮き指のチェックも重要な要素の1つです。

また「扁平足」「浮き指」とは逆で、足裏のアーチがありすぎて、しなやかさがない状態を「ハイアーチ」と呼びます。ハイアーチも浮き指と同じように、足底腱膜炎(足底筋膜炎)になりやすい足裏の状態です。

※ハイアーチとは、土踏まずが、極端に上がりすぎている状態で、足甲高になっていいます。
特徴として、足甲や足指の背側(上側)が皮膚で分厚くなっている方は、足指が浮いてしまっていて、ハイアーチになっている可能性があります。

足底筋膜炎になる原因のまとめ

はてな

まとめると、足裏のアーチが低すぎても、高すぎても、足底腱膜炎になる可能性が高くなってしまうのです。正しい元の正常な位置に調整することが、足底筋膜炎の根本的な治療になるのです。

原因が分かったところで、自分でできる足底筋膜炎のセルフケアを、ここでは4つご紹介します。痛みを放っておくと、慢性化したり、強い痛みが出ることもあるので、今スグにでもセルフケアをしてみましょう。

1.ストレッチ

足底筋膜炎のストレッチは、 足底筋膜をストレッチすることが良く言われますが、足首や下腿の筋肉が緊張を起こしていると、踏ん張った時に足底も引っ張られ痛みの原因になります。

ここでは、足首(アキレス腱部)の柔軟性をアップさせるためのストレッチについてご説明しています。

2.マッサージ

足底腱膜炎のマッサージは、痛みがある部分を直接強く押したりすると、症状を悪化させてしまう恐れがあります。

プロでない限り、直接マッサージは、あまりオススメできませんので、簡単にできる足指の運動をすることで、関節や筋肉の緊張を緩和させる方法についてご紹介させていだきます。

足の関節を動かし、正常な位置に戻そうとすると、周辺の筋膜の緊張が緩和してきます。
無理に足裏をマッサージするのではなく、足指を動かすなど、間接的にマッサージを行うようにしましょう!

3.サポーター(ヒールカップ)

足底筋膜炎のサポーターにも様々ありますが、ここでは、「ヒールカップ」についてご紹介します。ヒールカップとは、かかとへの衝撃を吸収するクッション材です。

ヒールカップをシューズに入れることで、クッション作用が高まり痛みを軽減できる場合もあります。でも、足底筋膜(足底腱膜)の緊張を直接緩和させることは難しいので、足底筋膜の緊張をとるために、「整体での歪み捻れの調整」や「セルフマッサージ」は必ず必要だと考えています。

4.テーピング

まずは、こちらの動画をご覧ください。
↓  ↓  ↓

足底筋膜炎のテーピング

足底筋膜炎のテーピングは、外反母趾や浮き指を整えるテーピングと同じ方法で行います。
テーピングのみでアーチを100%つくることはできないですが、足底筋膜(足底腱膜)をサポートすることが可能です。

動画では、拇指や小指にテーピングを行っていますが、少し難しいと思われる方もいます。
その時は、「アキレス腱部」のみで十分テーピングの効果はありますので、まずはアキレス腱部のみのテーピングを行なってみましょう!

足底筋膜炎の様々な治療方法

治療

足底筋膜炎の治療方法には、大きく分けて、病院(整形外科)と整体マッサージ、治療グッズがあります。その3つを比較してみたいと思います。

足底筋膜炎専門整体 病院 ヒールカップ
改善するまでの期間 1回~10回以内(目安)
施術+セルフケア(その方に合わせた方法)で、根本的な原因を解消
体外衝撃波鎮痛治療
(他にも治療法はありますが、今はこの治療法で比較します。)改善率は、50%~60%ぐらいのようです。
痛みを軽減させる、痛みの緩和として使用。
予防、セルフケア方法の1つ。
痛み 施術による痛みなし 痛みが出る場合がある ヒールカップによる痛みなし
生活 スポーツや仕事、家事などを続けながら、足底筋膜炎を改善することができ、 休まずに改善することができる 日常生活を治療による痛みがなければ、普通に生活できる ヒールカップを装着することで生活に不自由さはない。
再発リスク 根本の原因を取り除きますので、再発することは、ほぼない。
たとえ痛みが出ても、すぐに対処すれば、すぐに回復できる体になっている
体外衝撃波は、再発リスクは少ないと言われています。また、痛みが取れる仕組みがわかっていないのが現状のようです。 ヒールカップは、再発予防や痛みの緩和として使用するのがおすすめ。
根本的な原因を取り除くには、プロの治療が必要だと考えられる。

※あくまでも、当院の患者さんへのヒアリングによるデータなので、参考程度にしてみてください。

個人的な意見としては、体外衝撃波や手術の強い刺激は、カラダに何かしらの負荷をかける恐れがあると考えています。なので、手術や機械を使った治療方法というのは、最終的な手段として考えることをオススメします。まずは、整体やヒールカップでケアしてみましょう。

リハビリ(足底筋膜炎の再発予防)

「足裏の痛みが良くなっても、再発予防をする」

これが、最も大事な点です。

足底筋膜炎が完治しても、
「また痛みが出てくるんじゃない?」
と、心配になる方も多いのではないでしょうか?

でも、安心してください。

足底筋膜炎は、正しいケアをしていれば再発を予防することが可能です。

そのためにも、治療の段階で原因が、歩き方?走り方?立ち方?ケアの仕方?など、何が原因になっているかをを、プロの目で見てもらうことが大事です。

また、痛みが完治して、何もしないでいるとまた痛くなったというパターンは決して少なくありません。人は、痛みがラクになると忘れてしまう生き物です。

だから、楽しく仕事やスポーツなど生活を充実させるためにも、再発予防には力を入れるようにしましょうね。

たに整体院の足底筋膜炎(足底腱膜炎)の専門施術

たに整体院

奈良「たに整体院」の施術としては、上記のように足型を取ることで原因を様々な視点から、追求していき、施術を行います。

  • 筋肉
  • 足関節・足裏のゆがみ捻れ
  • 内臓の疲労 (関係ないと思われがちな内臓から痛みが起きていることもあります。)
  • 足のアンバランス(外反母趾・扁平足など)

まずは足底筋膜の痛みを解消するため、前提として上記の4つのゆがみを整え、人が本来持っている自然治癒力が働ける環境をつくります。
それに合わせて、足底腱膜を中心に下記の施術を行います。

①足裏のアーチの形成(歪み捻れ調整)

足裏にある縦と横のアーチをテーピングで調整していきます。
テーピングにより扁平足や浮き指になっている足を、元の正常な足の形に戻していくことで、足底腱膜への負荷が軽減され、痛みの緩和につながります。

また、足裏にテーピングをすることで、ゆがみとねじれを調整した良い状態が長持ちします。

②足裏の筋肉・靭帯への施術

扁平足やハイアーチ、浮き指の状態になっていると、足底腱膜(足底筋膜)が常に緊張した状態になっています。

ですから、足裏の筋肉や靭帯を手技により負担を和らげ、足裏の緊張を取り除くことで、テーピングとの相乗効果でより早い改善が見込めます。

たに整体院の施術は、単に揉みほぐしたり、マッサージする治療は行いません。
身体に負荷がかからないソフトな力で治療していきますので、バキバキされたり、強いマッサージが苦手な方も安心して受けることができます。

③足首・アキレス腱部・下腿部への施術

扁平足やハイアーチ、浮き指、外反母趾などになっている方は、足首が硬くなっていることが多いです。

痛みがないソフトな施術で関節の歪みを調整します。

特に、ランニングやウォーキング、長時間の立ち仕事をされている方で、足首を柔らかく使えずに足裏への痛みをひどくしている場合もあるのです。

足底筋膜炎(足底腱膜炎)は、長年悩み続けている方がとても多く、よくならないとあきらめている方もいらっしゃいます。
ですが、足底筋膜炎は、早期に整体を受けることで1回で痛みが軽減できることも少なくありません。

スポーツの大会に挑戦する方でも、痛みの程度によっては練習しながら改善していくことも可能です。

足底筋膜炎(足底腱膜炎)でお困りの方は、ぜひ、奈良「たに整体院」へご連絡ください。

期間限定キャンペーン(初回割引のご案内)

ホームページを見てご予約下さった方だけの特典

※不調の改善に自信はありますが、「整体は初めてだし自分に合うかわからない…」という方もいらっしゃいます。そこで、「できるだけ気軽に試していただきたい!」という想いを込めて初回限定のキャンペーンを行っております。気軽にご相談ください。

困ったときはご相談ください! あなたからのお電話を 心よりお待ちしています

0120-934-455

受付時間 9:00~20:00

定休日 月曜日

LIENでのご予約はこちら

※当日のご予約はお電話でお願いします。

ご予約の前に必ずご確認ください

申し訳ありませんが、このような方は施術をお断りする場合があります。

■ マッサージをしてほしい方
■ 1回2回で痛みをとってほしい方
■ 当日キャンセルする方
■ 時間の約束を守らない方

施術をしていく中で、お互いの気持ちにズレがあると良くなる症状も改善しずらくなります。
もし、あなたが痛み不調を根本的に改善して、やりたいこと、好きなことを叶えたいと思っているのであれば、当院にお任せください。

他院との3つの違い

医師推薦

最後に

谷 信弥

痛みや不調っていうのは、身体からのメッセージで、悪いものではないんです。
これに気づけない状態の方がよっぽど怖いのです。

家事や育児、お仕事で忙しい毎日を送っていると、このメッセージに気づけず、気づいた頃には寝込んで動けないほどの不調に悩まされてしまうことがあるんです。

僕も、身体の声を無視し続けた結果、自律神経の不調に悩まされ仕事も好きなことすらできなくなりました。だから、あなたに心から伝えたいです。
『健康』じゃないと普通にできていたことができなくなります。

今あなたは、そのメッセージに気づいたのですから、しっかり根本から改善してみませんか?
一緒に元気になり、好きなこと、やりたいことを実現させましょう!
あなたのご来院を、心よりお待ちしております。

たに整体院 谷信弥

関連記事

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00