【60代】男性 仕事中や仕事後の背中の痛みと、両足裏の痛みで裸足で歩くのがつらい原因とは?

施術風景

たに整体院の整体で、「背中の痛み」「足底筋膜炎」の症状を改善に導いた事例をご紹介します。
あなたと同じ悩みかもしれませんので、参考にご覧ください。

お客さま

男性 60代 経理事務 奈良県生駒市

症状

症状事例

今回の症例は、
「仕事中や仕事後の背中の痛みと、両足裏の痛みで裸足で歩くのがつらい原因とは?」
です。

もし、あなたが、

・デスクワークをしていると背中が痛くて座ってられない
・背中の痛みで仕事に集中できない
・足が痛い

で、悩んでいるのであれば最後まで読んでみてください。
少しでも心が軽くなると思いますよ。

足底筋膜炎

M.Yさん、デスクワークでPC作業をしていると、背中の痛みで、仕事も集中できない状態。
重たく、熱があるような感覚にもなる。
また、寝ているときに足がつったり、裸足で足裏が痛い。

内科的な検査や整形外科に行ったが、検査的には問題なく、湿布や温熱療法をするだけの治療。
なかなか良くならなかった。
「もうこのまま付き合うしかないか・・・」と考えていた。

そんな時に、当院に通われていた股関節痛の患者さんに、当院のことを教えてもらい、来院することにした。

施術内容と経過

初回

施術風景

足型検査と姿勢のチェックなどを行ったところ、

・股関節のねじれ
・腸腰筋

この2点が根本原因になっていると考えた。

まず、股関節の調整をすると、肩の可動域がよくなった。
股関節の可動域が制限されると、肩の動きが制限されてしまうためだ。

背中への負荷を減らすことに合わせて、腸腰筋(お腹の中にある筋肉=インナーマッスル)の緊張を緩和すると、正しい姿勢を保つことが楽に。

施術計画としては、3回集中して施術を行い、自然に回復できる状態をつくるようにした。
次回は、3日後に来院するように指示し、初回は終了。

2回目(初回から3日後)

初回の施術後、カラダのだるさが出たようだったが、一時的なもので休むと、すぐに元にもどったようだ。
カラダが良い方向に向かっているサインみたいなものだ。

前回の施術に合わせて、姿勢のチェックと、セルフケアの指導を行い、より良い状態をキープできるようにした。

次回は、5日後に来院するよう指示。

3回目

3回目で再度チェック。
正しい姿勢ができるようになっていることで、背中の痛みもほとんど感じないとのこと。

足裏の痛みも、姿勢を改善したことで、負荷がかかるポイントが変わり、裸足で歩いたときの痛みも消えた。

今後は、1ヶ月に1回のケアを続けていく予定。

同時に施術した症状

首痛・慢性疲労・足裏痛・腰痛

施術方法

コウ打法・骨盤捻転・踵骨腓骨

院長コメント

今回の症例は、仕事中や仕事後の背中の痛みと、両足裏の痛みで裸足で歩くのがつらいことで悩んでいた事例だった。

M.Yさんが来院したときは、姿勢も丸くなり、見た目でもカラダが辛そうなのがわかった。

では、なぜ、整形外科などの病院に行ってもよくならない、背中の痛みを改善に導くことができたのか?

それは、丁寧に根本原因を施術したからだ。
全てではないが、痛みがある部位に原因があるとは限らない。
今回の事例でも、背中ではなくお腹の中にある筋肉や股関節にアプローチした。

もし、あなたが仕事に集中できない、足も痛い状態だったら、今すぐ相談してほしい。
あせらず、あきらめないでほしい。

著者紹介

プロフィール

著者:谷 信弥

たに整体院(桜井市・橿原市)院長

【所持資格】
真体療術・フットケアポディスト・疲労回復整体

「下半身症状の専門家」として、整形外科や整骨院・接骨院に行ったけど、なかなか良くならない症状でお困りの方を、数多く改善に導いている。

症状について詳しくはこちら

足底筋膜炎(かかとの痛み)

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00