2か月前からの足底筋膜炎の痛み

お客さま

女性  40代  奈良市

来院

2017年11月

症状

2ヶ月前からの足底筋膜炎の痛み。

整形外科を受診したら、湿布を貼るのみで痛みが強くなっている状態。

朝の足の痛みは少しマシだが、仕事終わりや歩く時に足の裏の少し内側に痛みを感じている。

加齢によって痛みが出ているかもしれないたいうことで、少しあきらめかけていた。

整形外科以外の方法を探していてホームページを見て来院された。

200027FE-BF6D-41DA-AD1C-2EE7822190B4

実際の問診票

▼原因に心当たりやきっかけはありますか?

加齢

▼症状はいつ頃から起こりましたか?

2ヶ月前から

▼現在の症状で日常的に何かお困りですか?

歩きにくい

▼その他の症状

首肩こり・腰痛・首(首のヘルニア)・右膝痛・便秘・むくみ・冷え性・生理不順・高血圧・肥満

施術経過と内容

左踵骨(かかとの骨)が歪み、外側に体重がかかりやすい状態になっていた。

また、骨盤の歪みや左股関節の可動域が制限され、動かすと痛みを感じる。

初回は、踵骨の歪みを調整、股関節の可動域制限を調整し全身のバランスを整え終了。痛みは少し軽減したがまだ痛みが残っている。

足底筋膜炎の場合、痛みが改善する期間はデータとして他の患者さんの情報でわかっているため、2回目~5回目は同じ施術を継続して行った。

5回目では歩くのも楽になってきているとのこと。再発を防ぐためにも再検査をして問題がある部位の調整を2回ほど行い終了。

念のため1か月に1度メンテナンスを行っているが、今のところ痛みが戻ってきている感じはないので安心した。

同時に施術した内容

冷え性・内臓

使用した手技

踵骨調整・骨盤調整・冷え取り・頚椎調整

院長コメント

足底筋膜炎は、運動して足を酷使したからといってなる症状ではなく、主婦の方や立ち仕事をしている女性の方に多い。

原因はそれぞれ少しずつ違うが、足のバランスが崩れていることが多い。内臓や骨盤の調整・筋肉の調整をするのは当たり前で、すごく大事なポイントだが、「足」を調整することで良い状態が長持ちする。

湿布や痛み止めも効果的な場合もあるが、湿布や痛み止めを使うだけだと根本的な姿勢や歩き方、歪みなどが正しい状態にならないので、カラダのバランスを調整することは大事。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00