左足かかとの痛みで、かかとを上げてしか歩けない

collage00

たに整体院の整体で、「足底筋膜炎」の症状を改善に導いた事例をご紹介します。
あなたと同じ悩みかもしれませんので、参考にご覧ください。

お客さま

女性 60代 事務職 大阪府

症状

足底筋膜炎の症例8

左足かかとの痛みで、朝起きると痛む。
さらに、最近では、歩くときにかかとを地面につけることができず、かかとを上にあげて歩くぐらい、症状がひどくなっている。

また、慢性的な腰痛や、事故によるむち打ちで、首が痛いなどの症状も感じている。
整形外科では、湿布や痛み止めだけで、あまり変化がなかった。
ウォーキングなど運動をしたい!とう気持ちもあり、ネットで足の専門院を探し、当院へ来院。

施術内容と経過

20161122taniseitaiin-193-1024x683

初回

院に入ってきたときから、足を引きずるように歩かれている。
足のチェックをすると、足関節のねじれが原因と考えた。

まず、足関節のねじれの調整をすると、痛みが7割ほど消えた。
本人もびっくりしていたが、足底筋膜炎の場合は、足関節にねじれが起こっていることが多い。
合わせて、骨盤や頚椎の調整も行い、自然に回復できるようにし、セルフケア方法を伝えて初回は終了。

2回目(5日後)

2回目の来院時、セルフケアもしっかり行なったからか、痛みは半分ぐらいになっているとのこと。
初回と同じように足関節の調整、足から全身の調整を行い、身体のバランスを整えた。

また、関連している筋肉の硬さをとることで、痛みがさらに軽減した。

3回目から5回目(5日おき)

3回目から5回目までは、同じ施術を繰り返し、5回目で初回にした検査で確認。
足首のねじれも元に戻り、痛みもほぼ感じていない。

かかとを地面につけて歩くことができ、今はウォーキングまで楽しめるようになったとのこと。
施術は一旦終了。

今は、1ヶ月に1回の間隔で、身体のケアを行い、良い状態を保つことができている。

同時に施術した症状

首痛・腰痛

施術方法

コウ打法・骨盤捻転・C1・足関節のねじれ調整・踵骨腓骨

院長コメント

20161122taniseitaiin-242 (2)

足底筋膜炎は、慢性化すると、すぐに痛みの変化は見られないことも多いが、問題を取り除いていけば、必ず良くなる症状だ。
今回のように1回施術するだけで痛みが半減することもあるが、ずっと続く症状ではないことを知っておいてほしいと思う。

いつも思うが普通に歩けることは当たり前ではない。
痛みがあれば歩くこともできなくなってしまう。

普通に歩けることに感謝し、早期に対処することが何より重要だと、改めて感じた事例だった。

著者紹介

著者:谷 信弥

たに整体院(桜井市・橿原市)院長

【所持資格】
真体療術・フットケアポディスト・疲労回復整体

「下半身症状の専門家」として、整形外科や整骨院・接骨院に行ったけど、なかなか良くならない症状でお困りの方を、数多く改善に導いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00