左足かかとの痛みで、歩きづらく、おにごっこも楽しくできない

施術風景

たに整体院の整体で、「足底筋膜炎」の症状を改善に導いた事例をご紹介します。
あなたと同じ悩みかもしれませんので、参考にご覧ください。

お客さま

男性 10代 小学生 奈良県生駒郡斑鳩町

症状

症状事例

授業で座っていたあとや歩いているときに左足かかとが痛い。
症状を感じはじめたのが約1ヶ月前。

整形外科を受診し、レントゲンなど検査をしたが、特に原因がわからず、湿布をして安静にするだけと言われた。
だが、一向に良くならず、困っていた。

また、猫背も気になっていたため、猫背と足の症状を見てくれるところをネットで探して、当院を見つけ来院された。

施術内容と経過

初回

施術風景

来院時、親御さんも一緒に来院されたが、小学生でこんな痛みが出るのかとても心配そうだった。
足型検査など細かくチェックしていくと、根本原因が見えてきた。

それは、「左足首のねじれ」だった。
足首がうまく使えないため、かかとの動きも制限され、骨やそれに付着する筋肉に緊張が起こっている状態。
原因さえ突き止めれば、良くなっていく。

まず、足関節の調整と合わせて、体幹(姿勢)の調整を行うと、左足かかとの痛みは半減。
まだ、4〜5割ほど残っている感じだが、痛みがラクに。

次回は、5日以内に来院するよう指示し、初回は終了。
〈施術計画:施術期間は1ヶ月半・初めの1ヶ月で5回施術〉

2回目(初回から5日後)

少し痛みは戻ってきているが、授業で座っていたあとの痛みは、かなり楽になっている感じだ。

今回は、前回の施術と合わせて、頚椎の調整も行うことで、より良い状態を作っていく。

まず、この施術を繰り返して、5回目で再検査。

5回目

5回目来院時、初回と同様のチェックを行う。

猫背の姿勢は、まだ完全に身体が覚えていない感じだが、がんばって意識していたこともあり、キレイに立ている。

左足首のねじれは、ほぼ問題なくなり、柔軟に可動している。
授業で座っていたあとや、歩いている時の痛みも、問題ないようだ。

今回で、施術は終了。
今後は、猫背のチェックもするので、1ヶ月間隔でメンテナンスを行っていくことにした。

同時に施術した症状

猫背

施術方法

C1・足関節・体幹の調整

院長コメント

今回のように足底筋膜炎の症状は、小学生でも痛みが出る。
歳だからとか、使いすぎとかは、そこまで影響しない。
もちろん、若い分、回復する速度は違うが。

症状が出だしてから、約1ヶ月後の来院だったが、これ以上慢性化していたら、もっとひどくなっていただろう。
なにごとも、早期に対処することで、改善も早くなる。

親御さんも、ホッとした表情で笑顔になっていたので、何よりよかった!
ちなみに、おにごっこも楽しく遊べているようだ。

もし、小学生や中学生で、かかとや足裏が痛いと訴えているのであれば、当院へ相談してほしい。
原因さえ突き止めることができれば、改善に導いてあげられる。

必ず良くなると信じています。

著者紹介

プロフィール

著者:谷 信弥

たに整体院(桜井市・橿原市)院長

【所持資格】
真体療術・フットケアポディスト・疲労回復整体

「下半身症状の専門家」として、整形外科や整骨院・接骨院に行ったけど、なかなか良くならない症状でお困りの方を、数多く改善に導いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00