【30代】女性 歩いた時、かかとを上げた時、何もしてない時でも右かかとが痛い

施術風景

たに整体院の整体で、「足底筋膜炎」の症状を改善に導いた事例をご紹介します。
あなたと同じ悩みかもしれませんので、参考にご覧ください。

お客さま

女性 30代 事務職 奈良県奈良市

症状

症状事例

3週間ほど前から、歩いた時、かかとを上げた時に痛みを感じ始め、ひどくなると何もしていない時でも痛みがある状態。

整形外科の先生に見てもらい、レントゲンを撮ると、かかとの骨に骨棘(トゲのようなもの)が出来ているとの検査結果。
治療としては、「安静にするしかない。」とのこと。

「じゃあ、どうしたらいいんですか?」と聞くと、「足底板をつくって痛みを軽減させましょう。」となったようだ。

「ずっと足底板をつけるしかないのか?」と疑問を感じ、ネットで検索していところ、当院のホームページを見つけ、整形外科以外の方法で良くなるんだったらと、来院することに決めた。

施術内容と経過

初回

施術風景

足型検査、姿勢などのチェックを行ったところ、

・前体重(姿勢)

が、根本原因だと考えた。
まず、姿勢を安定させるため、足関節から股関節の調整を行い、バランスを整えた。

今すぐ変化が確認できないため、5回施術を行い再チェックしていく。
施術間隔は、5日以内に来院するよう指示し、初回は終了。

5回目

5回目で再検査。
施術ではすぐに変化が出なかったが、4回目、5回目で痛みが、軽減していき、安静時、歩いているときの痛みは、ほぼない状態。

まだ、痛みを感じることはあるが、かなり良い状態が安定してきているため、2ヶ月目以降は、2週間間隔で施術を行っていく。

7回目

2週間間隔で施術をした結果、間隔をあけたが、良い状態が保てるようになった。

初回のときに「ジムを再開したい!」という目標は、達成することができ、心からうれしかった!
今後は、1ヶ月に1回のメンテナンスを行っていく。

同時に施術した症状

頭痛・生理痛

施術方法

足関節・股関節・コウ打法・捻転

院長コメント

今回の足底筋膜炎の事例は、歩行時や安静時、かかとを上げる動作など、日常の様々な場面で痛みが出ていたため、本当につらかったと思う。
特に、ジムに行けないことが余計に悪循環になっていただろう。

足底筋膜炎は、決して安静にすることで良くなる症状ではない。
安静にして良くなるぐらいだと、足底筋膜炎ではなく、ただの筋肉疲労だろう。

まず、根本原因を取り除いていく施術を行うことで、施術開始時は、あまり変化がなくとも心配する必要はない。
一気に楽になっていくタイミングがあるからだ。

あなたも足裏、かかとの痛みで困っているなら、当院へ相談してほしい。
必ず良くなる方法が見つかりますよ。

著者紹介

プロフィール

著者:谷 信弥

たに整体院(桜井市・橿原市)院長

【所持資格】
真体療術・フットケアポディスト・疲労回復整体

「下半身症状の専門家」として、整形外科や整骨院・接骨院に行ったけど、なかなか良くならない症状でお困りの方を、数多く改善に導いている。

症状について詳しくはこちら

足底筋膜炎(かかとの痛み)

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00