左足の足底筋膜炎の痛みで仕事終わりに歩きにくくなる

施術風景

たに整体院の整体で、「足底筋膜炎」の症状を改善に導いた事例をご紹介します。
あなたと同じ悩みかもしれませんので、参考にご覧ください。

お客さま

女性 40代 パート(立ち仕事) 奈良県桜井市

症状

症状事例

2ヶ月前から左足かかと内側が痛くなり出し、最近になり、右足にも違和感を感じはじめた。

日常では、朝起きたときはそんなに痛みはないが、仕事終わりに痛みが出て、支障が出ている。
また、左足底の痛みと合わせて、右膝にも痛みが出ることがあり、余計に歩きにくくなっている。

整形外科では、「加齢によるもので安静にしておくしかない」ということで、「このまま歩けなくなるのかな・・」と不安とのこと。

他の方法はないかと、ネットでインソールなどのグッズを調べたが、どれが良いか分からず、まず足の専門のところで見てもらおうと探していて、当院へ来院された。

施術内容と経過

初回

施術風景

足型検査を行うと、前に体重が片寄りすぎている。
また、足裏や膝をかばうためか、骨盤や腰椎、頚椎にも歪みが起こってきている。

根本は、「前側体重による足への負荷」だと考えた。

まず、足関節の調整と、アキレス腱の緊張を緩和させるようにすると、足底の痛みは半減。
合わせて、血液やリンパ液などの循環をよくするための施術を行い、自然に回復しやすい環境作りを行った。

セルフケアの指導を行い、次回は、5日以内に来院するよう指示し、初回は終了。
〈施術計画:施術期間は2ヶ月・1ヶ月目は5回施術〉

2回目(4日後に来院)

前回、立ち方、歩き方のセルフケア指導を行ったことで、歩きやすくなったとのこと。
まだ、仕事終わりは痛みが出てくるので、その点を集中的に施術していく。

今回は、前回の施術と合わせて、太もも内側にある筋肉(内転筋)の調整も行った。

アライメントのチェックをして、2回目の施術は終了。

次回は、5日以内に来院するよう指示。

3回目(5日後に来院)

仕事中の痛みは、少し和らいできており、痛みが出てもひどくならなくなったようだ。

今回も根本の調整を行なった。

5回目まで同様の施術を行い、5回目で再検査をする。

5回目(5日おき)

5回目で再検査。

姿勢のチェックをすると、前体重にならずキレイに姿勢が保てている。
歩き方も、うまく足指が使えるようになっている。

日常の足底の痛みとしては、仕事終わりの痛みは少しだけあるが、痛みを忘れていることの方が多いようだ。
膝痛に関しては、問題ないとのこと。

順調に改善してきているので、2ヶ月目以降は、2週間おきで2回施術する。

7回目(14日おき)

7回目でもう一度確認すると、左足底の痛みは、問題ないとのこと。
仕事も、気にせず動けているようだ。
よかった!

今回で施術は終了。
一人でケアしていくのは、不安だということだったので、1ヶ月に1回のメンテナンスを行なっていく。

同時に施術した症状

膝痛・頚椎ヘルニア・肩こり・慢性腰痛

施術方法

C1・骨盤捻転・足関節・踵骨腓骨

院長コメント

今回の足底筋膜炎の事例は、朝起きたときの痛みは気にならないが、仕事終わりに痛みが強くなるという状態だった。

足底の痛みで多いのが、朝起きたときの痛みだが、今回は足を使うことによって痛みが出てくるパターン。
このパターンによっても根本の原因は変わってくるので、柔軟に状態を見極め、施術をしていく必要がある。

また、足底が痛くなるとかばうことで、ペンギンのような歩き方になる。
これが繰り返されると、膝痛や腰痛、肩こりなどを併発させることになるので、早めの対処が重要になってくる。

当院では、慢性化して足底筋膜炎の痛みを改善に導いて事例が多くある。

もし、あなたが整形外科や整骨院、接骨院に行ったが、なかなか良くならない足底筋膜炎の痛みでお悩みなら、当院へ気軽に相談してほしい。

著者紹介

プロフィール

著者:谷 信弥

たに整体院(桜井市・橿原市)院長

【所持資格】
真体療術・フットケアポディスト・疲労回復整体

「下半身症状の専門家」として、整形外科や整骨院・接骨院に行ったけど、なかなか良くならない症状でお困りの方を、数多く改善に導いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00