長時間歩くと右足指の付け根が痛くなる

施術風景

たに整体院の整体で、「外反母趾」の症状を改善に導いた事例をご紹介します。
あなたと同じ悩みかもしれませんので、参考にご覧ください。

お客さま

女性 30代 看護師 橿原市

症状

症状事例

子供のころからの右足の外反母趾がひどく、特に最近になって長時間歩くと痛くなる。
変形もひどくなってきている感じがするので、何とか進行しないようにしたいとのこと。

原因として、歩き方が悪いのでは?と感じているようだ。
歩き方や姿勢などチェックしてくれる足の専門院を探していて、ネットで当院を見つけ来院。

施術内容と経過

初回

施術風景

足型検査をすると、仮骨性外反母趾、と靭帯性外反母趾(横アーチの低下)が合わさった外反母趾になっていた。
仮骨とは、簡単にいうと新しくできてきた骨のことを言う。

親指付け根の骨は、大きくなり、曲がっている角度がひどくなくても、靴に当たったりしやすくなる。
そのため、付着している筋肉・靭帯が緊張を起こすことで、痛みが出ていると考えた。

まず、拇指のねじれの調整と立ち方、歩き方の調整を行なった。
最後にテーピングをして、良い状態を長持ちできるようにした。

2回目(初回から5日後)

前回から長時間歩くことはなかったこともあり、外反母趾の痛みは出ていない。
歩き方や立ち方は、まだ不完全だったので、細かい点を修正して、正しい位置を身体に覚えるように施術した。

3回目から5回目(7日おき)

4回目のときに、1時間以上歩くことがあったが、最後のときに少し痛みを感じた程度だったようだ。
拇指の腫れや赤みも出ていなかったので、大きな負荷がかかっている感じもない。

5回目来院時に、再検査を行い、拇指の骨からくる筋肉・靭帯の緊張は、とれていたため終了。
今は進行しないためと姿勢のチェックを兼ねて、1ヶ月に1回の間隔で、ケアを行い、良い状態が保てている。

同時に施術した症状

肩こり・冷え性

施術方法

外反母趾の調整・拇指球の調整・骨盤捻転

院長コメント

今回の外反母趾は、もともと変形していたが、これまで痛みが出ていなかった。
しかし、今回のように痛みが出て、長時間歩くのが辛くなってしまった。

これは良くある事例で、くの字に曲がっている外反母趾でも、痛みを感じていない場合の方が多い。
つまり、骨だけが原因であれば、くの字に曲がった時点で痛いはずだ。
ということを考えると、手術をしてまっすぐな足指にするのも”美”の観点からは、良いかもしれないが、痛みとはさほど関係ないということも言える。

外反母趾の足指の歪みは、膝痛や腰痛、肩こりなど、他の部位の痛みやコリを引き起こしている可能性がある症状だ。
痛みがないからといって、放置しておくのは危険なので、早めに正しい足指の使い方を覚えて対処すべきだ。

著者紹介

プロフィール

著者:谷 信弥

たに整体院(桜井市・橿原市)院長

【所持資格】
真体療術・フットケアポディスト・疲労回復整体

「下半身症状の専門家」として、整形外科や整骨院・接骨院に行ったけど、なかなか良くならない症状でお困りの方を、数多く改善に導いている。

症状について詳しくはこちら

外反母趾

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00