部活による両足親指の痛みで歩行も困難に

お客さま

女性 10代 学生 奈良

症状

バレーボールの部活で、ジャンプやランニングを繰り返す中で、両足親指に痛みが出ている。
運動中や、家に帰って安静にしていてもジンジンとした痛みを感じる。

前から痛みを感じることがあったが、歩行まで辛くなり、日常にも支障が出てきたため、ネットで調べて来院。

gaihanbosi-syourei14

施術内容と経過

足型検査と拇指の可動域などをチェックすると、

  • 足の歪み(足甲・腓骨)
  • 筋肉疲労

に原因があると考えた。
その場で踏ん張る動作をしても、拇指付け根に痛みが出る。

初回

まず、足甲と腓骨の歪みとねじれを元に戻す施術を行う。
合わせて、母指球の筋肉調整を行うことで、踏ん張るときの痛みは消えた。

良い状態をキープするためテーピングをして終了。
しかし、赤く腫れて炎症が起こっている外反母趾なので、5回〜6回の施術は必要と考えている。

2回目(初回から5日後)

2回目来院時、痛みはまだ変わらず。
炎症が起こっているため、初回と同じを繰り返す。

その場でも痛みが楽になるスピードは早くなっている。
炎症が起こっている場合は、痛みが元に戻るのが早いので、その点では問題ない。

3回目(2回目から7日後)

3回目で足の親指付け根の赤みがなくなり、腫れている感じはかなり減った。

できるだけ足指を開くため、骨に対しての調整を行い、より足指への負荷を軽減するようにした。
4回目も同じように繰り返した。

5回目(4回目から7日後)

5回目で再検査。
痛みは感覚的に残り2割くらいとのこと。

部活も今後もしていくこともあるので、14日間隔であと2回施術をおこなう。

7回目

14日ほど間隔をあけて状態をチェックしたが、痛みもなく部活もできている。
足の歪みも安定しているので、最終チェックを行い終了。

今はメンテナンスで1ヶ月半おきに見て、良い状態をキープしている。

同時に施術した症状

猫背

施術方法

骨盤捻転・外反母趾調整・猫背調整・c1

院長コメント

今回の外反母趾のケースは、部活で負担もかかるという点で、両足に痛みが出ていた。
外反母趾の多くは、片足に痛みが起こることの方が多いことも知っておいてほしい。

両足に出ている場合は、やはり症状が重度になっていると考えられた。
改善に導くことができたポイントは、足の歪みと筋肉疲労だった。

特に、部活をしている学生さんは、筋肉疲労が溜まっていることが多いので、回復できるカラダ作りや、普段からのケアがすごく重要だ。

また、学生はヒールなどほとんど履かないが外反母趾にはなる。
この事からも分かるように、先の細い靴が原因ではない。
歩き方や足の筋力や足の歪み、姿勢などが大半の原因だ。

今では、部活も楽にできるようになり、気にせず動けているようで何よりだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00