小学生の右足親指の付け根の痛み

お客さま

男性 10代 学生 奈良

症状

陸上競技で走るときや走ったあとに、右足親指の付け根が痛い。
痛みの感覚としては、ジンジンすることもあり、骨がポコっと出ている状態。

他にも、左股関節にも痛みを感じることがある。
スポーツを満足にできなく、大会も近いということで来院。

gaihanbosi-syourei015

施術内容と経過

足型検査と姿勢などのチェックをおこなったところ、

  • 足の歪み
  • ふくらはぎの筋肉の過緊張

に原因があると考えた。

前にグッと踏ん張る動作をすると、足の親指付け根が痛い。

初回

まず、足甲のねじれ、拇指球の歪みを調整。
踏ん張る動作を確認すると、痛みはほぼない。

それに合わせて根本の原因をとるために、ふくらはぎの筋肉〜アキレス腱にかけての緊張を緩和させた。
最後にテーピングを行い、良い状態が長持ちできるようにした。

2回目(初回から5日後)

2回目来院時は、少し痛みが出てきているが、始めの状態と比べるとかなり楽に動けている。
ちなみに運動は、そのまま続けていきながらの施術だ。

テーピングをしている方が走りやすいということだったので、足の歪みと筋肉の調整に合わせて、テーピングを毎回行うようにした。

3回目(2回目から5日後)

3回目で再検査。
ふくらはぎの筋肉は、セルフケアも合わせて行った効果が出て、緊張が緩和されている。

足の歪みもチェックし、動きも問題なかったので、終了。
今は、走っているとき、走ったあとの痛みもなく、楽に運動もできているようだ。

同時に施術した症状

股関節

施術方法

骨盤捻転・頚椎調整・外反母趾・テーピング

院長コメント

今回の外反母趾のケースは、先の細い靴を履くことがない、小学生の男の子だった。
一般的には、先の細い靴を履くからなると思っている方も多いが、そうではない。

小学生や中学生でもなるし、男性でも良く起こる症状である。
今回は、運動を激しくしていたため、足の歪みもあるが、筋肉の過緊張が問題で痛みが起こっていた。

骨がポコっと出ているのは、元に戻すのは難しいが、痛みなく動くことができるようになる。

変形しているから、痛みが出るわけでもない。
骨が変形して「手術しないといけないのか・・・」とすぐ決める必要はないと思う。

それまでに出来ることは、必ずある。
あきらめないでほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00