外反母趾・内反小肢による霜焼けになるほどの冷え性が改善

お客さま

女性 30代 事務職(デスクワーク) 大阪府

症状

長時間歩くと外反母趾、内反小趾の痛みがあり、足が極端に冷える。

「しもやけにもなりどうしたら良いのか」という状態で、整体は初めてだったがネットを見て来院。

しもやけ・外反母趾・内反小肢

施術内容と経過

足型分析を行うと、外側体重になりやすく、ふくらはぎの筋肉の張りが強いことがわかった。

踵骨(かかとの骨)の調整と内臓調整を行うことで身体のバランスと循環を改善させ、テーピングを行った。

2回目の時点では、大きな変化はないが、冷えがかなりマシとのこと。ふくらはぎのポンプが使えてきている。

3回目〜5回目の調整で、テーピングなしでも正しい足指の使い方ができるように指導と足のバランス調整を繰り返し行った。

6回目で痛みがなく、冷えも改善されてきたので終了。
メンテナンスも希望されたので、1ヶ月に1回ケアしている。

同時に施術した症状

施術方法

踵骨調整・内臓調整・頚椎調整・足指調整・テーピング

院長コメント

ふくらはぎは「第二の心臓」と言われるほど大事だ。

外反母趾や内反小趾は、正しく足指が使えていないため、ふくらはぎの筋肉の柔軟性が低下する。

すると、ポンプの役割が低下し、血液やリンパ液などの体液循環がわるくなる。

これが冷え症やむくみの原因にもなる。

ふくらはぎの筋肉が硬く張っていたり、よく足がつる(こむら返り)という方は、特に注意が必要だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00