長時間歩くと外反母趾が痛い!原因はわるい歩き方にあった

お客さま

女性 40代 主婦 奈良県天理市

症状

足型分析 外反母趾

両足外反母趾の変形があり、痛みは強くはないが、痛みが出たり出なかったりを繰り返している。

特に、長時間歩いたときは、痛みを感じることが増えているよう。

希望としては、「まずこれ以上ひどくなりたくない」ということで来院。

施術内容と経過

足型分析と姿勢分析をした結果、すり足で歩くクセがついており、「歩き方に問題がある」ということが分かった。

まず、この歩き方の問題を解消するために足甲の調整を行った。

触診すると、アキレス腱から足裏にかけて筋肉の緊張が見られたので、筋肉の調整も行った。

2回目の来院時までは痛みがなく過ごせているよう。だが目標は原因である歩き方の改善だ。

2回目から6回目までで正しい歩き方の指導と身体のバランスを調整すると正しい立ち方、歩き方ができるようになってきたので、ケアを続けることを約束して終了。

同時に施術した症状

冷え性・便秘

冷え性・便秘

外反母趾調整・骨盤矯正・頚椎調整
(今回はテーピングはしない方がよかったので、テーピングはしていない)

院長コメント

病院では、外反母趾となると足底板や手術などしか選択肢がなく、普段の「歩き方」には、まず目を向けない。

外反母趾は、特に普段の生活習慣が影響していることが多い。
今回のケースでも、すり足で歩くクセがあり、正しく足指を使えていなかったのが問題だった。

これは足底板をしてもなかなか改善できない。
それだけ歩き方というのは、人にとって重要な動作だということを知っておいてもらいたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00