5年前からの腰椎分離症による坐骨から太ももにかけての痛み

施術風景

たに整体院の整体で、「坐骨神経痛」の症状を改善に導いた事例をご紹介します。
あなたと同じ悩みかもしれませんので、参考にご覧ください。

お客さま

男性 40代 立ち仕事 奈良県桜井市

症状

症状事例

5年前にレントゲンを撮ったときに腰椎分離症と診断された。
だが、湿布や安静にするだけでなかなか良くならず、放置していた。

最近になり、

・前にかがむ動作
・腰を反らせる動作
・寝起き

のときに、特に腰や足の付け根に痛みや違和感を感じるようになり、日常にも支障が出ている。

根本的に改善したいということで、整体や接骨院をネットで、探していて足を見てくれるということで、当院へ来院。

施術内容と経過

初回

施術風景

5年前からの腰椎分離症だったので、腰椎などを細かくチェックすると、腰椎のねじれが根本の原因になっていると考えた。

今回は、足には大きな問題はなかった。

まず、腰椎のねじれをアジャスト調整すると、痛みが半減。
他の症状は、ソフトな刺激でしか調整しないが、腰椎分離症の場合だけ、強い刺激の調整が必要になる。

最後に、土台である足の調整を行い、良い状態を長持ちさせるようにした。

次回は、5日以内に来院するよう指示し、初回は終了。
〈施術計画:1ヶ月の中で6回施術・施術期間として2ヶ月半が目安〉

2回目(初回から4日後)

2回目来院時、痛みは半減した状態でキープできてるとのこと。

今回は、腰椎の調整と合わせて、頚椎と筋肉の調整を行い、疲労が早く回復できるようにした。
身体の血液やリンパ液の流れが良くなると、身体が歪みにくくなる。

6回目で検査するまで同様の施術を繰り返し行っていく。

6回目(5日おき)

6回目で再検査。

前にかがむ動作、腰を反らせる動作は、問題ないとのこと。
寝起きの痛みは、まだキツく感じるときと楽なときがあるようだ。

念のため、2週間おきであと2回施術していく。

7回目から8回目

セルフケアと身体が回復できるようになったのか、寝起きの痛みも、安定して楽になっているとのこと。

腰椎のねじれのチェックを行い、左右均等に動かすことができていたので、施術は終了。

腰椎分離症と坐骨神経痛が合わさっていたため、1ヶ月に1回のケアを行っていく。

同時に施術した症状

首コリ・肩こり

施術方法

c1・骨盤捻転・腰椎分離症アジャスト・コウ打法

院長コメント

今回の事例は、腰椎分離症から坐骨神経痛になってきており、慢性化した状態だった。

仕事でも、かなりハードに身体を使うことが多いため、骨と合わせて筋肉の調整をしっかり行った。

当院では、腰椎分離症による腰痛、坐骨神経痛でも、手術せずに改善に導いた事例が多くある。

もし、あなたが、

「整形外科か接骨院、整骨院に行っても良くならない」
「一生このまま続くのかな・・・」

と、不安があるなら、当院へ気軽に相談してほしい。

必ずお役に立てると信じています。

著者紹介

プロフィール

著者:谷 信弥

たに整体院(桜井市・橿原市)院長

【所持資格】
真体療術・フットケアポディスト・疲労回復整体

「下半身症状の専門家」として、整形外科や整骨院・接骨院に行ったけど、なかなか良くならない症状でお困りの方を、数多く改善に導いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00