左太ももの裏側や膝の外側が痛くて歩くのが辛い

施術風景

たに整体院の整体で、「坐骨神経痛」の症状を改善に導いた事例をご紹介します。
あなたと同じ悩みかもしれませんので、参考にご覧ください。

お客さま

女性 50代 公務員(教員) 奈良県北葛城郡王寺町

症状

症状事例

2ヶ月前から左太もも裏側と膝の外側が痛くて、歩くと痛い、走ることもできなくて困っている。

仕事で歩くことも多く、小走りなどをすることもあり、思うように仕事ができない。
特に、仕事で毎朝走るのが辛い。

整形外科には行くか考えたが、湿布や痛み止めの治療だけという認識があり、行かなかった。

ご家族が当院に通われていたこともあり、まず整体に行ってみようということでご紹介で来院。

施術内容と経過

初回

施術風景

足型検査と関節や筋肉のチェックを行うと、

・左足腓骨の歪み

が原因で坐骨神経に負荷をかけていると考えた。

特に立位のときに、身体の傾きが顕著に出る。
歩き方も、少し横揺れするようになり、うまく足首が柔軟に使えていない。

まず、身体のバランスを調整し、安定させるために左足腓骨の歪みを立位で調整し、左坐骨への負荷を軽減するため、坐骨のねじれを矯正。

すると、室内での確認だけになるが、歩くのが楽になったようだ。
まだ、根本が解消されていないため、施術を重ねて、良い状態を長持ちさせるようにしていく。

次回は、4日以内に来院するよう指示し、初回は終了。
〈施術計画の目安:初期1ヶ月で6回施術し、施術期間は全体で2ヶ月〉

2回目(初回から4日後)

来院時、立ち姿勢をチェックすると、身体の傾きは元に戻らず、良い状態がキープできている。

まだ、左太もも裏側や膝の外側の痛みは、出てきているため、初回と同様の施術を行った。
特に、今回は、大腰筋というインナーマッスルの調整も行い、筋肉の緊張も緩和させた。

次回は、5日以内に来院するよう指示し、終了。

3回目(2回目から5日後)

前回、大腰筋の調整をしたことで、歩く時の痛みが楽になってきているとのこと。

膝下あたりの痛みが、太もも付近だけになってきたので、状態は良くなっている。
神経的な痛みは、足先に近くなればなるほど、重症化しているからだ。

6回目まで、同様の施術を行っていく。

6回目(5日おき)

6回目で再検査。

左足腓骨の歪みは正常な位置に戻り、正しい歩き方、立ち方ができるようになっている。

症状としても、歩くのは問題ない。
走るのは小走りぐらいだとできている。

まだ、全力では走っていないが、「今の感じだといけそうな感じ」とのこと。

良い状態がキープできていたので、一旦、施術は終了。

今後は、1ヶ月に1回のメンテナンスを行なっていく。

同時に施術した症状

むくみ

施術方法

C1・骨盤捻転・踵骨腓骨調整・坐骨調整・コウ打法

院長コメント

今回は、左太もも裏側と膝の外側が痛いことで、歩いたり、走ったりすること困難になっている事例だった。
仕事や日常でも支障が出ていた症状が楽になり、本当によかった!

腰からの症状は、先ほども話したが、太ももや膝、足などに症状が出てくると重症化していると考えた方が良い。

たまに、「腰は痛くないけど、足が痛いしびれる」という話を聞くことがある。

これは、危険な感覚だ。
腰が原因になっている可能性もあるのに、足にしか意識が向いていない。

こうなると、足だけの対処をするだけになり、根本的な解決にはならない可能性があるからだ。
このように症状を感じたときは、「他のところにも原因があるかもしれない」と考えるようになるだけでも、早期の解決につながると思う。

この事例を読んでいるあなたも、「なかなか身体の痛み不調がよくならない」と不安であきらめそうになっているかもしれない。

だが、必ず症状には原因がある。
その原因を見つけることができれば、必ず改善に導くことができる。

あせらないで、あきらめないでほしい。
当院へは、気軽に相談してほしい。

著者紹介

プロフィール

著者:谷 信弥

たに整体院(桜井市・橿原市)院長

【所持資格】
真体療術・フットケアポディスト・疲労回復整体

「下半身症状の専門家」として、整形外科や整骨院・接骨院に行ったけど、なかなか良くならない症状でお困りの方を、数多く改善に導いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00