1週間前からの急な左腰から足にかけての坐骨神経痛の痛み

お客さま

女性 30代 事務職 奈良県橿原市

症状

左腰から足首あたりにかけて痛みが出て仕事にも支障が出ている。
日によって痛みは違うが、痛みがひどくなっている感じがするとのこと。

もともと腰痛はあったが、ここまでひどくなったのは初めて。

整形外科では、坐骨神経痛と診断され、湿布や痛み止めを使ったがなかなか良くならないので、ネットで検索して当院を知り来院。

zakotusinkei-syourei07

施術内容と経過

足型検査では大きなバランスの崩れは見られない。
腰椎や骨盤のねじれも問題なく動いている。

大腰筋(腎臓系)の検査をすると、左のお腹と背中にかけて強い張りを感じた。

根本原因は、大腰筋というお腹の中にある筋肉の緊張と考えた。

初回

C1と足のバランスを整え、身体が回復しやすいように体液の循環を改善。

合わせて、根本原因になっている大腰筋を調整した。

2回目(初回から4日後)

2回目来院時、足に痛みが出ているが、前より腰に近いところに痛みを感じている。

「痛みの場所が変わったんです・・」と不安そうだったが、坐骨神経痛で痛みの位置が上にあがっているのは良い方向に向かっている状態だ。

坐骨神経が圧迫され症状がひどくなると、痛みやしびれの位置が足首や足裏に下がってきてしまう。
良い方向に向かっているということを伝えて、初回と同じ施術を繰り返した。

3回目(2回目から5日後)

3回目来院時、痛みの感じはあまり変わってない様子。
大腰筋の緊張は、まだ残っているので、集中して施術を繰り返した、

4回目(3回目から7日後)

4回目来院時、足の痛みはほとんど感じなくなったとのこと。
お尻あたりの痛みは少し残っているが、足の痛みが消えたことで日常生活は、気持ち的にもかなり楽になったようだ。

足まで症状を感じていたので、念のため2週間後にもう一度チェックすることにした。

5回目(4回目から14日後)

5回目で再検査。
再検査をすると、大腰筋の硬さはとれて左腰から背中への張りもとれている。

状態を確認しても、仕事も支障なくできているということだったので終了。

同時に施術した症状

冷え性・肩こり

施術方法

骨盤捻転・大腰筋・頚椎調整・踵骨腓骨調整

院長コメント

今回の坐骨神経痛の痛みは、足首まで痛みが出ており、状態としてはかなりきつかったと思う。
しかし、思っていた以上に回復が早く痛みは消えていった。

坐骨神経痛を何度も繰り返しているケースは、改善するのに時間がかかることがあるが、慢性化していなかったのがよかったのかもしれない。

どんな症状でも、慢性化して痛み止めなどで抑えることを繰り返していると、ひどい坐骨神経痛でしびれまで出てくることもある。

何事も、早めの対策が重要だとあらためて感じた事例でもある。
仕事にも支障が出なくなったと笑顔で言われていたので、よかった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00