左臀部の坐骨神経痛により朝起きたとき、じっと座っているとつらい

お客さま

男性 60代 自営業 奈良

症状

左臀部の痛みが約1年前から続いている。
ふくらはぎの張りを感じ、足がつる(こむらがえり)ことが最近多い。

特に朝起きたときの痛みやじっとしたあとがつらく動くのを躊躇してしまう。
整形外科に行ったが湿布だけの対処で放っていたが、当院の話を聞いてご紹介で来院。

zakotusinkei-syourei05

施術内容と経過

身体の歪み、筋肉、関節可動域などの検査をしたところ、

・お腹の中の筋肉(大腰筋)

が、根本原因だと考えた。
姿勢が猫背になっているので、余計に大腰筋の緊張が強くなる。

初回

まず、腰椎のねじれを調整し、姿勢のバランスを調整すると、坐骨神経痛による臀部の痛みが半減。
良い状態を長持ちさせるために土台であるから「足」を整えた。

2回目

2回目来院時、歪みは元には戻っていないが、同じ施術を繰り返し安定させるようにした。

3回目〜4回目

お腹の張りは、かなり楽になっていたため、背骨の動きをよくして、腰への負荷を軽減する施術に変更。

基本的には、再検査時にどのような変化があるか確認するため同じ施術を繰り返すことが多いが、状態によって施術方法を変更することもある。

5回目

5回目で再検査。
朝起きたときの痛みは、ほとんど気にならないとのこと。
根本原因のお腹の中の筋肉の張りも問題なかったので終了。

同時に施術した症状

肩こり

施術方法

骨盤捻転・頚椎調整・大腰筋・踵骨腓骨

院長コメント

今回の坐骨神経痛のケースは、大腰筋というお腹の中の筋肉の張りが原因になっていた。

坐骨神経痛ときくと、骨によって神経が圧迫され痛みを感じるイメージがあると思うが、筋肉の張りによっても、坐骨神経が圧迫され、腰が痛くなる。

原因を決めつけないようにすることが大事だとあらためて感じた事例だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00