腰痛・膝痛・足甲などの様々な痛みが精神的に苦痛

施術風景

たに整体院の整体で、「坐骨神経痛」の症状を改善に導いた事例をご紹介します。
あなたと同じ悩みかもしれませんので、参考にご覧ください。

お客さま

女性 50代 パート(立ち仕事) 奈良県桜井市

症状

症状事例

約5年前から、両膝痛や腰痛を感じるようになった。
また、1年前からは足甲にまで痛みが出始め、仕事や日常生活に支障が出るように。

整形外科に行ったが、これといった原因が分からず、湿布や温めるなどの対処を行なってきた。

カイロプラクティックに通ったこともあるが、一時的に楽になるが、すぐに元に戻ってしまうことを繰り返している。

足甲に痛みが出たことで、足も見てくれる院を探していて、たまたま見たチラシを見て来院。

施術内容と経過

初回

施術風景

足型検査と各関節のチェックを行ったところ、「立ち方による腰椎のねじれ」が根本の原因だと考えた。

まず、腰椎のねじれを調整すると、腰の痛みが半減。
長時間の立ち仕事で、片寄った体勢が多いようだ。

足甲の痛みは、変化が分からないので、次回以降に確認する。

次回は4日以内に来院するよう指示し(1ヶ月の中で、6回来院が目安)、初回は終了。

2回目(3日後に来院)

2回目来院時、腰の痛みは、元に戻ってきているが、施術すると初回より、痛みが楽になったようだ。

今回は、腰椎の調整と合わせて、大腰筋(インナーマッスル)の調整を行った。

さらに、足にテーピングを行い、良い状態を長持ちさせるようにした。

3回目(5日後)

前回、足にテーピングをしたことで、足甲の痛みが少しずつ楽になってきている。

今回も、腰椎と大腰筋の調整を中心に施術を行い、同様の施術を6回目まで継続していく。

合わせて、正しい立ち方、歩き方の指導を行った。

6回目(初回から1ヶ月後)

6回目で再検査。

腰椎のねじれは、問題なくなり腰の痛みは、ほぼないようだ。

膝痛に関しては、足のテーピングと正しい立ち方、歩き方ができるようになったことで、階段の上り下りも楽なようだ。
足甲の痛みは、少しまだ残っているようだ。

2ヶ月目は、2週間間隔で、施術していく。

7回目から8回目(初回から2ヶ月後)

足甲の痛みに関連する部位を中心に施術を行う。

基本的には、腰椎と大腰筋の調整が中心だが、加えて、足関節のねじれも調整した。

8回目で、再度検査を行うと、足甲の痛みも楽になり、立ち仕事のときも楽に動けているようだ。

今回で施術は終了し、1ヶ月に1回のメンテナンスが必要だったため、1ヶ月に1回の間隔でケアを行い、良い状態を保てている。

同時に施術した症状

膝痛・足甲の痛みしびれ

施術方法

C1・骨盤捻転・大腰筋・踵骨腓骨

院長コメント

今回は、原因が分からないと言われた症状であったが、当院の見立てとしては、坐骨神経痛からくる腰の痛みや足甲の痛みだと考えて施術を行った。

膝痛に関しては、悪い立ち方や歩き方による、筋肉疲労が起こしていたと考えられる。

腰椎のねじれにより、筋肉の緊張が強くなり、坐骨神経を圧迫していた問題が、解消されることで、腰痛や足甲の痛みを改善に導くことができた。

もし、あなたが、足甲の痛みや腰痛、膝痛など2カ所以上の痛みで困っているのであれば、
足など他の部位に、原因があるかもしれない。

当院では、原因が分からないと言われた症状でも、改善に導いた事例を多く見てきています。

気軽に相談してほしい。

著者紹介

プロフィール

著者:谷 信弥

たに整体院(桜井市・橿原市)院長

【所持資格】
真体療術・フットケアポディスト・疲労回復整体

「下半身症状の専門家」として、整形外科や整骨院・接骨院に行ったけど、なかなか良くならない症状でお困りの方を、数多く改善に導いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00