7ヶ月前からの膝を曲げたときの左膝裏の違和感

お客さま

女性 30代 事務職 桜井市

症状

運動を定期的におこなっており、一時的に4ヶ月ほど休んで再開したとき、左膝裏に違和感と痛だるさを感じるようになった。
また、左腰の痛みも慢性的にあり、まっすぐ仰向けで寝ることができない。

整形外科では、ベーカー嚢腫と診断されたが、安静にするのみで改善されなかった。
運動を気にすることなくしたいということで、ネットで当院を見つけて来院。

beka-syourei06

施術内容と経過

足型分析と関節などのチェックを行った結果、

  • 腰椎4番、5番の歪み
  • 足の歪み(踵骨)

に根本原因があると考えた。

初回

骨盤から腰椎のねじれの調整を行い、正しい位置に戻す施術をおこなった。
また、土台である踵骨の調整を行い、良い状態が長持ちできるように。

念のため足にテーピングをして安定させた。

2回目(初回から3日後)

2回目来院時、膝の違和感はあるが、腰の力が抜けて、寝るときの苦痛の度合いは減ったよう。
初回と同じ施術を行った。

3回目(2回目から5日後)

運動は少しずつ再開している。
現状は、運動後に左膝の違和感と少し腫れが起こる。
腰椎の4番5番のねじれは改善してきて、血行がよくなっている。

4回目(3回目から7日後)

4回目も3回目と同じ施術を繰り返しおこない、身体に良い状態を覚えこませる。
一旦、良い状態を身体が覚えることができれば回復は早い。

5回目(4回目から10日後)

5回目で、膝の違和感はなくなったようで、運動も気にすることなくできている。
触診した様子では、左膝裏に腫れは少しだけ残るが、これぐらいだとほぼ問題なし。

2週間後にもう一度チェックして、良い状態がキープできていたので終了。

同時に施術した症状

腰痛

施術方法

骨盤捻転・頚椎調整・ベーカー・踵骨足指の調整

院長コメント

今回の左膝裏ベーカー嚢腫のケースは、強い痛みは伴わないものの、いやな違和感と痛だるさが慢性化していた。
ベーカー嚢腫は、強い痛みを感じることは少ないが、膝の曲げ伸ばしがしづらくなってくる。

水を抜くのが一般的な対処法だが、それだけでは、繰り返し水を抜くばかりになって、根本の解決にはならない。
今回は、腰から膝への負荷が主な原因だったが、土台である足を安定させることで、より早く改善に導くことができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00