足を引きづらないと歩けない右膝裏の痛みが改善しまっすぐ歩けるように

お客さま

女性 60代 主婦 大阪府

症状

約1年前から右膝裏の痛みで普通に歩くことすらできない。
特にここ3ヶ月ほどは外出するのもつらくなってきている。

整形外科では、ヒアルロン酸注射や湿布をして安静にしても改善しないということで、大阪から1時間以上かけてご主人に付き添ってもらい来院。

hizaura-syourei03

施術内容と経過

歩き方と足型検査をおこない身体のバランスをチェック。
また、触診をすると膝裏がプクッと腫れている。

検査でわかったことだが、膝をかばうことで足首が硬くなり正しく使えてない。
このパターンはよくある膝裏の痛みで、歩き方と足首〜脛のねじれを調整すれば大丈夫!と伝えた。

1回目の施術

1回目の施術では、骨盤調整と踵骨(かかとの骨)と腓骨(スネの骨)のねじれを調整し、バランスを整えると引きづりながら歩いていたのが、まだかばうがまっすぐ歩けるように。(あとはこれを身体に覚えさせたらいける!と確信)
最後に良い状態を長持ちさせるために足にテーピングをおこなった。

flow06

2回目の施術

2回目来院時には、元に戻らずある程度まっすぐ歩けているよう。
まだ膝裏に腫れもあるので、前回の施術と合わせて、膝裏と膝裏に関係している内臓疲労をとる。

3回目〜5回目の施術

3回目〜5回目の施術で、良い状態を身体に覚えさせ、正しい歩き方を指導。

6回目

6回目で再検査。
再検査をすると、膝裏の腫れもほとんど引き、歩くのもまっすぐ歩けている。
患者本人も歩くのは、かなり楽になったとのことだったので、終了。
セルフケアの方法は忘れないようにと約束した。

同時に施術した症状

右腰痛・肩こり

施術方法

骨盤捻転・頚椎調整・叩打法・踵骨腓骨調整・テーピング

院長コメント

今回の膝裏の痛みのケースは、整形外科では水を抜いたり、ヒアルロン酸注射をすることが多いが、根本の解決にはならない。
なぜなら、痛みは「痛みがある所が原因ではないことがほとんど」だからだ。

今回も1年以上膝だけにフォーカスして治療して良くならなかったのは、その点に問題がある。
なので、痛みがあるところに意識をフォーカスしすぎると悪循環になってしまうということも再度認識させられた事例である。

大阪から1時間以上かけてがんばって通って頂いた患者さんの「よくなって歩きたい!」という強い気持ちもより早い改善につながったと思った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00