ジョギング後からの右足かかとが歩き始めに痛くて辛い

施術風景

たに整体院の整体で、「踵骨棘」の症状を改善に導いた事例をご紹介します。
あなたと同じ悩みかもしれませんので、参考にご覧ください。

お客さま

女性 60代 主婦 奈良県橿原市

症状

症状事例

整形外科でレントゲンを撮ると、足のかかとの骨からトゲが出ていると診断。
注射をしたが、痛みがとれず、少しずつひどくなってきている。

特に朝に痛みが強く、動き出すにつれて痛みが楽になっていく。
しかし、夕方になるとまた痛みが出てきて、立ち座りが辛い状態に。

ジョギングやウォーキングを再開したくて、他に方法はないかとネットで探していたところ、当院を見つけて来院。

施術内容と経過

初回

施術風景

足型検査などを行なった結果、足関節のねじれと、ふくらはぎの筋肉の張りが強いことが分かった。

ふくらはぎの緊張を緩和させると、足をついた時の痛みが半減。
再度、痛みの場所を確認すると、圧痛点が変わっていた。

はじめに確認した時は、かかとのトゲが出ている場所だったが、その場所からはズレていた。

トゲだけが全ての痛みの原因ではないことが、これで判明したため、かかとだけに執着しないように施術を行なった。

2回目(初回から5日後)

来院時、まだ朝の痛みはあるが、痛みを感じないことが増えてきているようだ。
初回と同じ施術を行い、より良い状態を保てるようにした。

3回目から5回目(5日おき)

5回目になると、かかとの痛みは、朝に少し感じる時があるぐらいで、それ以外は通常通り動けているとのこと。

ウォーキングも少しずつできるようになり、動けないストレスも減ったようだ。
ふくらはぎの筋肉の張りも、足関節のねじれも問題なかったので終了。

同時に施術した症状

なし

施術方法

C1・骨盤捻転・踵骨腓骨・足関節のねじれ調整

院長コメント

今回は、踵骨棘という足底筋膜炎と似た足裏に痛みが出る症状だった。
普段から運動しない習慣から、ジョギングなどの運動をすることが習慣になったことが、一番のきっかけだった。

正しい歩き方や足の使い方ができていると、運動をすることで、身体は良い方向へ向かうのだが、悪い使い方をすると、余計に身体に負荷をかけてしまう。

つまり、運動する時は、必ず身体の使い方や歩き方などを学んでから、始めるべきだ。
職業柄、歩く人の姿を、見ることが多いが、前かがみになり、悪い姿勢で歩いている方が非常に多い。

これを続けると、運動をしても逆効果になることが多いので、正しい歩き方、姿勢を学んでから運動をしてもらいたいと思う。

著者紹介

プロフィール

著者:谷 信弥

たに整体院(桜井市・橿原市)院長

【所持資格】
真体療術・フットケアポディスト・疲労回復整体

「下半身症状の専門家」として、整形外科や整骨院・接骨院に行ったけど、なかなか良くならない症状でお困りの方を、数多く改善に導いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00