退院後からかかとの痛みで歩くのが辛い

お客さま

女性 40代 事務職 奈良県奈良市

症状

踵骨棘の症例(その4)

1ヶ月の入院のあと、かかとに痛みを感じている。
それに合わせて、寝違えと背中の痛みの症状を感じ始めている。

入院中は、ほとんど動けなかったのが原因と考えているとのこと。
かかとの痛みがあることで、運動をはじめたいけど始められないということで、当院をネットで見つけて来院。

施術内容と経過

初回

足型検査や姿勢のチェックを行うと、足首のねじれが顕著に見られた。
それも歩くたびに「ねじれ」繰り返していることがわかった。

まず、足首のねじれを調整すると、かかとの痛みは半減。

さらに、手術でリンパを取っていたので、循環を良くするため、内臓疲労の調整も行った。

2回目

2回目来院時は、「かかとの痛みは半減したままで、良い状態がキープできてきている」とのこと。
寝違えや背中の痛みも、足の調整をしただけで、痛みはかなり楽になってきているようだ。

今回は、足の調整と合わせて、頚椎や脊柱の調整も行い、身体のバランスを安定させた。

3回目

3回目来院時には、ほぼ痛みがなくなり、「運動も少しずつ再開できそう!」と前向きな気持ちが出てきていた。

このような声を聞いたときは何より嬉しいし、明るい未来が想像できるようになると、身体も良くなっていく。

初回の検査を行い、「足首のねじれ」も改善されていたので、施術は終了。

同時に施術した症状

寝違え・背中の痛み・むくみ

施術方法

C1・骨盤捻転・足関節ねじれ調整・踵骨腓骨

院長コメント

今回のケースは、手術で入院したことがきっかけでかかとに痛みが出ているケースだ。
これは、良くある話で、入院したことで、「筋力低下」や「血液の循環がわるくなる」など様々な影響を身体に与えるからだ。

特に、足は、身体を支えているため負荷が大きい。
患者さんも、一緒にセルフケアなどの努力をしたことで、通常より早く改善に導くことができた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00