昨年から「右かかとの痛み」で仕事のあと痛くて歩けない

お客さま

女性 50代 保育士 大阪府

症状

踵骨棘の症例(その3)

1年前の夏頃から足のかかとに痛みを感じ、痛くて歩けないときもある激痛。
仕事で立ち座りを繰り返すことが多く、仕事終わりには足を引きづらないと歩けない状態。

整形外科でレントゲンを撮ると、かかとに骨棘(骨のトゲ)が見られ、踵骨棘と診断された。
対処としては、湿布とインソールを使い、安静にしていたが、痛みがどんどんひどくなっている。

他に方法はないかと、足の専門院をネットで調べて当院を見つけて来院。

施術内容と経過

「踵骨棘」は一般的には聞きなれない症状だが、歩くのが困難になるため、日常生活に支障をきたす。

どのように改善に導いたかを初回から順に見ていく。

初回

足型検査と歩き方から、足首がほとんど使えず、ペタペタ歩きになっている。
まず、踵骨腓骨のねじれをとると、痛みが2割ほど楽に。
根本は、下半身全体の血行不良が起こしているパターンなので、骨盤や頚椎の調整など全身を整えた。

2回目〜4回目(5日おき)

2回目来院時、じっとしているときの痛みは軽減していた。
初回から同じ施術を4回目まで繰り返した。

5回目〜8回目(7日おき)

5回目来院時には、仕事終わりの足をひきづらないほどの痛みは、半減し、気持ち的にも楽になっているとのこと。
足のバランスは安定していきているが、血液やリンパ液の循環が悪いので、そこを中心に施術を繰り返した。

8回目の施術で、痛みは感じなくなり、仕事やジムも楽しめている様子だったので終了。
今回の場合は、メンテナンスが必要だったので、その旨をお伝えして良い状態をキープして、仕事もプライベートも楽しめている。

同時に施術した症状

腰痛・肩こり・膝痛

施術方法

骨盤捻転・C1・踵骨腓骨調整・足関節のねじれ調整

院長コメント

今回は、かかとに骨棘という骨のトゲが出ている状態だったが、骨棘があるからといって、
「痛みが出る場合」と「痛みが出ない場合」がある。

では、この違いはなんでしょうか?

多くの患者を見てきた私の意見としては、骨は根本的な原因ではなく、骨周辺の組織や筋肉、関節などが硬くなることで、
痛みが出てくる。

よくある話として、「両足に骨棘が出ていても痛みは片方だけ」みたいなパターンはよくある話だ。
これから考えても、骨のトゲが出ているからといって、諦めないでほしい。
改善に導く方法は、必ずあるからだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00