左足裏痛で歩くことが一日中つらい

こんにちは!
たに整体院(桜井市・橿原市)の院長の谷 信弥です。

お客さま

女性 60代 保育園 橿原市

症状

踵骨棘の症例1

約6ヶ月前から左足裏のかかとの痛みで、一日中、足裏が痛い。
ウォーキングをしていたが、足裏の痛みのため今は中止している。

出産後、2年ぐらい腰痛と椎間板ヘルニアで、困っていた時期もあり、その影響もあるのか疑問に感じているよう。
主な原因は記憶にないが、最近になって足がつる(こむらがえり)ことが増えたとのこと。

当院へ来院されたいた、同じ足の症状で困っていた方のご紹介で来院。

施術内容と経過

初回

足型検査などを行うと、骨盤が歪み、前体重になっていることが原因と考えた。
かかとが痛いため、今は爪先立ちをするように歩いているため、余計に足への負荷が大きくなり、悪循環になっている。

まず、臀部〜膝裏〜足裏にかけての筋肉の緊張を緩和させると、正しい姿勢に戻る。

骨盤が歪んでいるところを見ると、腰椎ヘルニアの影響も全くないとは言えない。
合わせて骨盤矯正を行い、上下左右のバランスを整えて、初回は終了。

2回目(初回から3日後)

まだ、痛みはあるが骨盤の歪みは、元に戻っておらず、良い状態がキープできている。
足首のねじれと、臀部から足裏にかけての緊張を緩和させるようにした。

慢性化した踵骨棘は、すぐに変化はでないが痛みは少しずつ楽になっていく。

3回目〜6回目(5日おき)

一日中痛かった左足裏の痛みが、気にならない時間が増えてきた。
まだ、朝起きたときや長時間歩いた時は、痛くなるが、気持ち的にも楽になったようだ。

2回目と同じ施術を繰り返し、6回目まで行なった。
6回目では、一時的に足裏の痛みが強く感じた時があったが、そのあとは、痛みも楽になり、日常には支障が出なくなっているよう。

7回目〜8回目

2週間おきで最終チェックを行い、施術間隔をあけても問題なさそうだったので、終了。
踵骨棘の中でも、難しい症状だったので、1ヶ月に1回は定期的にメンテナンスするよう指導した。

同時に施術した症状

腰椎ヘルニア腰痛

施術方法

C1・骨盤捻転・踵骨腓骨・筋肉調整

院長コメント

今回は、かかとの骨に棘が出てくる踵骨棘という症状で、その中でもかなり難しいと感じた症状であった。

でも、痛みは改善されるとわかっていたので、自信をもって繰り返し施術を行なったことが良い結果につながったと考えている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00