変形性股関節症で階段の上り下りや寝返りをするときに辛い

施術風景

たに整体院の整体で、「変形性股関節症」の症状を改善に導いた事例をご紹介します。
あなたと同じ悩みかもしれませんので、参考にご覧ください。

お客さま

女性 70代 事務職 奈良県橿原市

症状

症状事例

階段の上り下りや、寝返りをうつときなどに左脚股関節が痛くて辛い。

過去に整形外科に行ったが、変形性股関節症で、もっとひどくなったら手術しかないと言われ、湿布や姿勢などを意識して、なんとか過ごしてきた。

だが、最近になり日常にも支障が出始め、痛みがどんどん強くなってる感じがあり、病院以外の方法をネットで、家族が探していた。

とにかく手術は避けたい。

そんな時に当院のホームページに出会い、来院。

施術内容と経過

初回

施術風景

足型検査をすると、歩き方がペンギンのようなペタペタとした歩き方になっている。

これでは、足首や膝関節、股関節が柔軟に使えない。

歩き方に根本原因があると判断し、足関節の調整と、ソフトにゆらしていくと足を上げるのが、90度くらいまでできるようになった。

軽いソフトな整体で、これだけ変わる。

まず、この施術を繰り返していく。
次回は、5日以内に来院するよう指示し、初回は終了。

2回目(初回から4日後)

来院時、初回のときと明らかに表情が違う笑顔。

階段の上り下り、寝返りもかなり楽とのこと。

施術後、2日くらいはあまり変化がなかったが、3日目から、一気に楽になったようだ。
すぐに、変化は出ないことは想定していたが、ここまで、劇的に改善されるとは、ビックリだった。

今回も同様の施術をしていく。
次回は7日後に来院するよう指示。

3回目(7日後)

少し痛みを感じることがあったようだが、日常に支障が出るレベルではないようだ。

歩き方もキレイにできている。
失礼だが、この年齢にしては、すごい回復力。

各関節の動きも柔軟になっていたので、施術は終了。

今後は、再発しないためにも、1ヶ月に1回のメンテナンスを行っていく。

同時に施術した症状

肩痛

施術方法

股関節けん引・骨盤捻転・c1

院長コメント

今回の変形性股関節症の事例は、軟骨がすり減り、ひどくなると手術をしなければならない状態だった。

たが、関節の柔軟性と、歩き方を変えることで、劇的に良くなった。

こんなケースは稀だが、何より患者自身の意識の高さが、回復に繫がったのは間違いない。

「絶対良くなって、元気に歩きたいんです。」

と、初回のときから言っていた。

改めて、言葉や気持ちの大切さを感じた事例だった。

もし、あなたが、変形性股関節症と診断され、手術をしたくないと考えているなら、当院へ相談してほしい。

必ずお役に立てると信じています。

著者紹介

プロフィール

著者:谷 信弥

たに整体院(桜井市・橿原市)院長

【所持資格】
真体療術・フットケアポディスト・疲労回復整体

「下半身症状の専門家」として、整形外科や整骨院・接骨院に行ったけど、なかなか良くならない症状でお困りの方を、数多く改善に導いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00