左股関節の痛みで階段や坂道の歩行などが痛くて辛い

施術風景

たに整体院の整体で、「変形性股関節症」の症状を改善に導いた事例をご紹介します。
あなたと同じ悩みかもしれませんので、参考にご覧ください。

お客さま

女性 50代 パート(立ち仕事) 奈良県桜井市

症状

症状事例

約1年前から左股関節の痛みを発症。

階段の上り下りや、靴下を履く動作、坂道の歩行などに日常に支障が出るようになった。

最近はじめたパートの仕事で、階段の上り下りを頻繁にするので、余計に辛い。

整形外科では、変形性股関節症と診断され、今すぐではないが、手術を勧められている。

手術はしたくない気持ちがあり、他の方法をネットで探していて、下半身専門の当院へ来院された。

施術内容と経過

初回

施術風景

股関節の可動域は、90度も曲げることができず、あげる途中でも痛みがある、重症化している状態。

姿勢も、前傾姿勢になり、まっすぐ立っているつもりでも、前かがみになってしまう。

「正しい姿勢がこうなんですよ」と伝えると、「フラフラして立てない」とびっくりされた様子。

まず、土台である足と骨盤のねじれの調整を行い、立ち方をチェックすると、先ほどみたいにフラフラすることがなくなった。

合わせて、股関節の関節と筋肉の緊張を緩和するようにし、初回は終了。

重症化しているので、期間2ヶ月の中で、まずはじめの1ヶ月で6回は来院してもらうよう指示。

2回目(初回から4日後)

可動域の変化はあまり見られなかったが、「歩くのが楽になりました。」と報告をいただいた。

状態と患者さんの話から、初回と同様の施術が合っていると判断し、施術を繰り返し行なっていく。

3回目から6回目(5日おき)

3回目から6回目までも、同様の施術を行い、正しい姿勢と、股関節の調整を行なった。

6回目で、再検査をしたところ、初回に問題と感じた股関節の可動域はかなり広がり、お腹に太ももが付くぐらいまで改善。

正しい姿勢も自然にできるようになっている。

2ヶ月目以降は、2週間間隔で、2回来院するように指示。

 

7回目から8回目

8回目では、階段の上り下りや、靴下の脱ぎ履き、坂道の上り下りも楽にできるようになったとのこと。

もちろん、股関節の軟骨はすり減っているため、歩き方は少し偏りは見られるが、問題ない範囲だ。

今回で、一旦施術は終了。

放っておくのは不安だということだったので、1ヶ月に1回のケアを行ない、良い状態をキープできている。

同時に施術した症状

肩こり・慢性腰痛

施術方法

C1・骨盤捻転・クラニアル・股関節簡易調整

院長コメント

今回の変形性股関節症の事例は、手術を勧められるほどの状態であり、すごく不安だったと思う。

でも、今回のように原因さえ突き止めることができさえすれば、症状を改善に導くことができる。

パートのお仕事も日常の動作も楽になり、本当によかった!

変形性股関節症の場合は、西洋医学的には、軟骨のすり減りが原因と捉えられているが、それだけで痛みが出るわけではない。

股関節に関連する筋肉や、内臓疲労など他に原因があることもある。

もし、変形性股関節症と診断され、「手術をしないとダメなの?」を不安に感じているので、あれば当院へ相談してほしい。

早期に対処すれば、改善に導くことができます。

著者紹介

プロフィール

著者:谷 信弥

たに整体院(桜井市・橿原市)院長

【所持資格】
真体療術・フットケアポディスト・疲労回復整体

「下半身症状の専門家」として、整形外科や整骨院・接骨院に行ったけど、なかなか良くならない症状でお困りの方を、数多く改善に導いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00