階段の昇りや歩くときに右脚の付け根が痛い

施術風景

たに整体院の整体で、「変形性股関節症」の症状を改善に導いた事例をご紹介します。
あなたと同じ悩みかもしれませんので、参考にご覧ください。

お客さま

男性 60代 会社員 奈良県桜井市

症状

症状事例

約6ヶ月前から右脚の付け根に痛みを感じ始めた。

特に、階段の昇り時は、脚を上にあげる動作ができず、90度くらいまであげようとすると痛くてできない。
だんだんひどくなってきている。

また、過去に腰椎椎間板ヘルニアになったことがあり、たまに腰痛を感じることがあるようだ。

整形外科に行ったところ、右股関節の軟骨がすり減り、初期の変形性股関節症と診断された。
だが、保存療法で、湿布や電気治療などをしたが、なかなか良くならなかった。

「趣味のウォーキングが痛くて辛いので、楽にできるようになりたい」という希望。

ネットで当院を見つけ、足の専門院ということで来院。

施術内容と経過

初回

施術風景

足型検査や腰椎、股関節などアライメントのチェック。

すると、股関節の可動域は問題なく、腰椎のねじれが根本の原因だと判断。

まず、腰椎のねじれの調整を行うと、膝を上にあげる動作がほとんどできなかったが、スムーズに上にあげることができた。

これには、患者さんもびっくりした様子だった。
人の身体はすごい力を持っており、施術がピッタリ合えば、これだけ大きく変化する。

合わせて、関連している腸腰筋というインナーマッスルの調整も行った。

次回は、5日以内に来院するよう指示し、初回は終了。

2回目(初回から4日後)

来院時、痛みはまだ出るものの、平地を歩くのはほぼ問題ない。とのこと。

まだ、階段の昇り時に痛みを感じることがある。

初回と同様の施術を繰り返し行っていく。

5回目まで、繰り返し施術を行い、再チェックするということを伝えて終了。

3回目から5回目

3回目、4回目と同様の施術を行い、5回目で、再チェック。

順調に良くなってきていたので、腰椎のねじれを様々な動きでチェック。

少し関節の動きがしぶいところはあったが、ほぼ問題なさそうだ。

ウォーキングも、今まで通りできるようになり、少し違和感が出たとしても、セルフケアを行うとすぐ元に戻るとのこと。

施術は、一旦終了。

次回からは、1ヶ月に1回のメンテナンスをしていくことで、良い状態を保てるようにする。

同時に施術した症状

冷え性

施術方法

C1・骨盤捻転・腸腰筋

院長コメント

今回の事例は、変形性股関節症により、右脚の可動域が制限され痛みを起こしていた。

だが、根本の原因は、股関節にはなく、腰椎(腰の骨)にあった。

痛みが出ている部位だけに問題があることもあるが、ほとんどのケースの場合、他に原因がある。

これを見落としていると、どれだけ痛みの部位に湿布を貼ったり、電気治療をしてもなかなか良くならないのだ。

たに整体院では、変形性股関節症の症状を改善に導いた事例が多くあります。

もし、あなたが、整形外科や接骨院、整骨院などに行っても良くならないとお悩みなら、当院へ気軽にご相談ください。

著者紹介

プロフィール

著者:谷 信弥

たに整体院(桜井市・橿原市)院長

【所持資格】
真体療術・フットケアポディスト・疲労回復整体

「下半身症状の専門家」として、整形外科や整骨院・接骨院に行ったけど、なかなか良くならない症状でお困りの方を、数多く改善に導いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00