左脚太ももから足の甲まで痛い。リスフラン関節変形性関節症と診断された足の痛みが楽に。

施術風景

たに整体院の整体で、「足甲の痛みしびれ」の症状を改善に導いた事例をご紹介します。
あなたと同じ悩みかもしれませんので、参考にご覧ください。

お客さま

男性 20代 学生 大阪府大東市

症状

症状事例

1ヶ月前から、急に左足太ももから足甲まで痛くなった。
朝起きたときや通学時に歩くのが痛みで辛い。

もうすぐ就職活動の時期で、歩くことが増えるため不安に感じている。

整形外科では、リスフラン関節変形性関節症と診断され、

・手術をするか、
・安静にするしかない

と言われ、どうすれば良いか分からず、困っていた。

そして、患者さんの家族がネットで調べているときに、当院のホームページを見つけ、症状に当てはまることが多く、一度試してみることにし、来院することに決めた。

施術内容と経過

初回

施術風景

足型検査をすると、足指が地面にしっかり接地しておらず、足が不安定になっている。
また、足がハイアーチになっており、縦のアーチが高くなりすぎている。

爪先立ちのように踏ん張ると、足甲が痛い。
細かくチェックすると、足裏の筋肉が硬く縮こまることが原因だと考えた。

まず、足裏の筋肉調整と、骨盤や頚椎の調整を行い、血液やリンパ液などの循環を良くするように施術。
すると、踏ん張るときの痛みは7割ほどラクに。

次回は、5日以内に来院するよう指示し、終了。
〈施術計画:施術期間は2ヶ月・初めの1ヶ月で5回施術〉

2回目(初回から4日後)

歩くときの痛みは、初回来院時より半減した状態でキープできているとのこと。
まだ、朝起きたときや、じっとしていた後の歩き出しは、まだ痛い。

今回は、前回の施術と合わせて、太もも内側の筋肉である内転筋の調整を行った。
この部位を調整することで、より良い状態がキープできるようになる。

5回目まで、同様の施術を繰り返し行なっていく。
施術間隔は、7日以内に来院するよう指示。

5回目

5回目で再検査。
足裏の筋肉の緊張は、かなり軽減されていた。
足指もしっかり踏ん張ることができるようになってきている。

左太ももからふくらはぎの痛みは、かなり楽に。
足甲の痛みは、朝の歩き出しに少し感じている。

念のため2週間後に状態をチェックし、順調に回復していたので、施術は終了。
今後は、1ヶ月に1回の間隔でメンテナンスを行なっていく。

同時に施術した症状

慢性腰痛

施術方法

C1・骨盤捻転・リスフラン関節調整・内転筋

院長コメント

今回の足甲の痛みの事例は、朝起きたとき、通学時の歩くときに痛みを感じ、日常生活にも支障を与えていた。
施術期間としては、もう少しかかると思っていたが、若さもあるのか回復が早かったと思う。

今は、就職活動もはじまり、歩くことも増えたが、気にすることなく活動できているようだ!

もし、あなたが、足甲の痛みで歩くのが辛くなっている場合は、当院へ気軽に相談してほしい。

必ずお役立てると信じています。

著者紹介

プロフィール

著者:谷 信弥

たに整体院(桜井市・橿原市)院長

【所持資格】
真体療術・フットケアポディスト・疲労回復整体

「下半身症状の専門家」として、整形外科や整骨院・接骨院に行ったけど、なかなか良くならない症状でお困りの方を、数多く改善に導いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00