アキレス腱断裂後のアキレス腱炎の痛みで階段の上り下りが辛い

お客さま

女性 40代 会社員 奈良県

症状

アキレス腱炎の症例(その3)

階段の昇降時に右アキレス腱が硬く、引っ張られるように痛い。
4年ほど前に右アキレス腱断裂をして、その後、少しずつ良くなっていたが、最近になり、日常生活でも気になるようになってきた。

歩く分には、問題ないが、アキレス腱や足首を伸ばす、曲げる動作に支障が出る状態。

施術内容と経過

具体的な施術内容と経過について

初回

足型検査と、歩き方のチェックを行うと、足首と足指がかばっているため、可動域制限が起こっている。
まず、足指の調整と、歩き方の指導を行うと、足指をしっかり使えるようになり、足首も施術前より柔軟に動かすことができている。

2回目(初回から5日後)

前回から歩き方を意識してもらっていたため、キレイに足首を使えている。
今回は、脊柱の調整も行い、アキレス腱の可動域を広げた。
なかなか良くならないアキレス腱炎などの症状は、他の部位を調整することが改善に導くことができる場合が多い。

3回目〜5回目(7日おき)

3回目から5回目の施術は、全身のバランスを調整するとともに、足指の調整と歩き方の指導を徹底して行った。
5回目には、階段の昇降時の張りや痛みは、ほとんど感じずに動けているということで終了。

同時に施術した症状

腰痛

施術方法

アキレス腱の調整・踵骨腓骨調整・C1

院長コメント

今回のケースは、アキレス腱断裂による後遺症である。
このような怪我は、定期的なケアをしていないと、あとあと痛みが出たり、癒着、後遺症が出てくることが多い。

痛みが出たら湿布や痛み止めなど一時的な対処だけでは、根本的な生活習慣や身体のクセを見直すことはできない。

健康は当たり前ではないので、自分の体に異変を感じたときや、家族や友人から指摘されたときは、早期に対処するように心がけてほしい。

実際、私も1ヶ月に1回は、知り合いの整体の先生に身体の状態を診てもらっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00