右の変形性膝関節症で膝が外れそうに痛くなる

施術風景

たに整体院の整体で、「変形性膝関節症」の症状を改善に導いた事例をご紹介します。
あなたと同じ悩みかもしれませんので、参考にご覧ください。

お客さま

女性 30代 主婦 奈良県橿原市

症状

症状事例

右膝が定期的に痛くなり、特に膝が冷えたときは、膝が外れそうになり、歩くのが辛い。

右膝のケガ(亜脱臼)したことがきっかけで、整形外科で変形性膝関節症と診断された経緯がある。

湿布やストレッチなどをしても一時的に楽になるだけで、なかなか良くならない。

ウォーキングやヨガが好きで、しっかり続けたいということもあり、ご紹介で来院。

施術内容と経過

初回

施術風景

足型検査と、膝関節のチェックを行なうと、右膝関節のねじれと内蔵疲労(腎臓系)が原因と考えた。

膝関節のねじれを、独自の調整で整えると、膝関節の可動域が広がり、曲げ伸ばしが怖かったのが、スムーズにできるように。

また、合わせて内蔵疲労と関係している部位を調整し、初回は終了。

2回目(初回から5日後)

2回目来院時、「すごく楽になった!」という第一声だった。

冷えもあまり感じなくなったようで、少し違和感が残っているが、膝への不安感はかなり軽減したようだ。

初回と同じ施術が合っていると判断し、繰り返し施術を4回目まで行った。

5回目(4回目から2週間後)

5回目で再チェックをしたところ、膝関節のねじれも問題なく、内蔵の張りも取れていたため、終了。

今は、1ヶ月半おきにケアすることで、変形性膝関節症がひどくなる前に予防できている。

同時に施術した症状

冷え性・腰痛

施術方法

c1・コウ打法・骨盤捻転・膝関節ねじれ調整・踵骨腓骨

院長コメント

今回の変形性膝関節症の事例は、冷えることで膝が外れそうになり、歩くのが辛くなる状態を改善に導くことができた。

特に、内蔵疲労により、身体が冷えやすくなり、血液循環がうまくできず、その事が大きな原因になっていたようだ。

今は、ウォーキングやヨガなど運動を楽しめているようで、本当に良かった!

もし、あなたが、

「変形性膝関節症と診断され、手術しかないと言われている・・・」

という状態であれば、まず手術以外の方法を試してからでも遅くはないだろうか?

たに整体院では、変形性膝関節症の症状を改善に導いた事例が多くあります。

気軽にご相談ください。

著者紹介

プロフィール

著者:谷 信弥

たに整体院(桜井市・橿原市)院長

【所持資格】
真体療術・フットケアポディスト・疲労回復整体

「下半身症状の専門家」として、整形外科や整骨院・接骨院に行ったけど、なかなか良くならない症状でお困りの方を、数多く改善に導いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00