左膝の張りで正座ができない

施術風景画像2

たに整体院の整体で、「変形性膝関節症」の症状を改善に導いた事例をご紹介します。
あなたと同じ悩みかもしれませんので、参考にご覧ください。

お客さま

男性 50代 会社員・事務職 大阪府

症状

変形性膝関節症の症例

約1ヶ月前から、左膝に張りを感じるようになり、正座や屈伸など曲げることができない
見た目でも、右足と比べると腫れている感じがある。(特に膝裏)

整形外科では、少しだが膝関節が変形しているとのことで、湿布と注射による施術を3回ほど行った。
だが、痛みや曲げることはできず、心配になり、他の方法を探していたときに当院をネットで見つけて来院。

施術内容と経過

初回

okyaku

検査をすると、左股関節から太ももにかけての張りが強く、可動域がせまい。

まず、股関節と関連する頚椎の調整と合わせて、関節の調整を行うと、しゃがむことができるようになった。

次に、膝裏にかけての筋肉を緩めていくと、楽にしゃがむことができるように。

2回目

膝の腫れはみられるが、膝は前より曲げれるように。
初回と同じ施術を繰り返し行い、身体に良い状態を覚えさせるように。

やはり、膝裏の筋肉の緊張がとれると、曲げやすくなることが分かったので、集中して施術。

3回目〜6回目

3回目以降も同じ施術を繰り返し行っていくと、5回目には、ほとんど問題なく屈伸運動ができるように。

6回目は、2週間ほど間隔をあけて様子を見たが、正座もできるようになり、順調に回復しているので終了。

同時に施術した症状

なし

施術方法

C1・骨盤捻転・股関節・ベーカー

院長コメント

変形性膝関節症と診断された場合でも、痛みの出方や症状は、いろいろなパターンがある。

今回は、膝関節の腫れとともに、可動域制限が強かった。
だが、関節の問題というより、股関節からつながる筋肉系の問題で、膝に異常が起きていた。

つまり、「変形していても膝の痛みを改善に導くことはできる」ということに希望をもってほしいと思う。

著者紹介

20161122taniseitaiin-242-2-1024x765

著者:谷 信弥

たに整体院(桜井市・橿原市)院長

【所持資格】
真体療術・フットケアポディスト・疲労回復整体

「下半身の症状を改善に導く専門家」として、整形外科や整骨院・接骨院に行ったけど、なかなか良くならない症状でお困りの方を、数多く改善に導いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00