足裏のタコと魚の目で歩くのが億劫になる

collage00

たに整体院の整体で、足裏のタコ魚の目の症状を改善に導いた事例をご紹介します。
あなたと同じ悩みかもしれませんので、参考にご覧ください。

お客さま

女性 50代 公務員・教員 大阪府

症状

前々から外反母趾で、足指の付け根にタコが出来ていた。
しかし、ここ最近で、何が原因か分からないがタコや魚の目の痛みがひどくなった。
とにかく立ち仕事や歩くことが多く、それが苦痛になるのが辛い。

姿勢はわるいので、原因は姿勢かなぁと思われている。
整形外科に行ったり、外反母趾グッズを使ったが、なかなか良くならなかったので、他の方法を探していて当院を見つけ来院。

施術内容と経過

20161122taniseitaiin-193-1024x683

初回

外反母趾や身体のチェックをすると、明らかな前側体重になり、足指の付け根に負荷をかけている。
まず、姿勢の調整と、タコ魚の目の調整(皮膚を削るわけではない)を行うと痛みが7割ほど軽減した。
最後に良い状態を長持ちさせるために、テーピングをして、初回は終了。

2回目(初回から5日後)

テーピングをしている間は、痛みはかなり楽な状態だったとのこと。
テーピングは合う人と合わない人がいるが、ぴったり合うと、痛みは一気に楽になる。
初回と同じ施術を繰り返し行うのが最善と判断し、施術を繰り返し行っていく。

3回目〜5回目(7日おき)

5回目で再チェック。
骨盤や頚椎など他の部位のバランスも整えてきたことで、姿勢はかなり安定した。
「正しい姿勢の位置・感覚」が鏡を見なくても、キレイに立てるようになった。

足裏のタコ魚の目の痛みも、セルフケアと合わせて行なったことで、良い状態がキープできているとのこと。
施術は一旦終了し、今は1ヶ月に1回のペースでメンテナンスを行い、立ち仕事も楽にできているようだ。

同時に施術した症状

肩こり・腰痛

施術方法

C1・骨盤捻転・コウ打法・外反母趾・テーピング

院長コメント

20161122taniseitaiin-242 (2)

今回の事例は、姿勢が猫背になることで、前側体重になっていることが大きな問題点だった。
痛みが出ているのは、足裏なのだが、タコを削ったりする対処を続けても、また皮膚が分厚くなり、ひどくなると石のように皮膚が硬くなる。

そのためには、根本的な姿勢の調整は、必ず必要になると考えている。
日常での支障が出なくなったのが何よりよかった!

著者紹介

著者:谷 信弥

たに整体院(桜井市・橿原市)院長

【所持資格】
真体療術・フットケアポディスト・疲労回復整体

「下半身症状の専門家」として、整形外科や整骨院・接骨院に行ったけど、なかなか良くならない症状でお困りの方を、数多く改善に導いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00