浮き指によるむくみや腰痛、不眠などの様々な不調

こんにちは!
たに整体院(桜井市・橿原市)の院長の谷 信弥です。

今回は、浮き指により、肉離れなどの怪我、むくみや不眠などの不調が原因だった事例のご紹介です。

お客さま

女性 30代 事務職 大和郡山市

症状

浮き指の症例2

もともとスポーツをしており、左足肉離れを起こしたり、むくみや首痛などが慢性化してきている。
前までは、それほど身体の不調を感じていなかったが、最近、特に感じるようになっている。

自覚として、足指の変形が前から気になっており「浮き指が原因かもしれない」とテレビで知った。
ネットで足の専門院を探して、当院へ来院。

施術内容と経過

初回

足指から足首が硬く可動域が少ないため、足のふくらはぎの筋肉が正常に動いていない。
足型検査からも、足の小指、薬指あたりの指が、しっかり地面を捉えていない。

まず、浮き指の調整と、全体の循環の調整をおこなうと、足首がスムーズに可動するように。
立っているのもラクになったとのこと。

最後に、良い状態を長持ちさせるため、足にテーピングを行なった。

2回目(4日後)

テーピングをしているとむくみがすごく楽になり、スポーツや仕事のあとでも、足が軽くなっている。

また、セルフケアで伝えた立ち方を意識することで、足首も使えるようになってきている。
2回目も、全体のバランスを調整し、正しい立ち方、歩き方ができるように。

3回目〜5回目(5日おき)

5回目までは、同様の施術をおこなう。
足指から足首、ふくらはぎと可動域も良くなったので終了!

今は、スポーツや仕事を楽しく続けるためにも、1ヶ月に1回ケアを行なっている。
浮き指に関しては、セルフケアとして、足指の筋力や力をつける運動に変更して、トライしてもらっている。

同時に施術した症状

むくみ・肉離れ・首痛・腰痛・不眠

施術方法

C1・頚椎捻転・骨盤捻転・踵骨腓骨

院長コメント

今回のケースは、浮き指により、足首やふくらはぎの可動域が減少し、筋肉が硬くなっていた。

浮き指は、単に足指が地面に着いていないだけでなく、各関節の可動域やバランスにも影響をきたしてくる。
その結果として、むくみや肉離れ、首痛などの症状につながってくる。

特に、今回の事例では、テーピングをしたことで、カラダが一気に変わった。
テーピングは、合う人、合わない人がいるが、正しい状態を瞬時に作れるテーピングは、やはり重要だと感じた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00