ハイヒールを履いての立ち仕事で股関節がだるくしびれる

こんにちは!
たに整体院(桜井市・橿原市)の院長の谷 信弥です。

今回は、右股関節から太もものだるさとしびれで、立ち仕事が辛い状態が、改善に導いた事例です。

お客さま

女性 20代 立ち仕事 奈良県

症状

股関節の痛みの症例

約1ヶ月前から、右足の付け根から太ももの前側にかけて、立っているときに足が痛い。
それに合わせて、猫背もひどくなってきている感じがする。

靴を脱ぐと、痛みやしびれはマシにはなるが、また立ち仕事が続くと痛みしびれが強くなる。
ネットで調べて、足も外反母趾になっていたため「足」に原因があるのでは?ということで来院。

施術内容と経過

初回

検査から、右大腰筋(お腹の中にあるインナーマッスル)と右外反母趾に原因があると考えた。

まず、大腰筋を調整すると、足のだるさしびれが軽くなり、可動域もかなり改善。

カラダが右側体重になっていたため、骨盤の調整も行い安定させた。
さらに、土台である外反母趾の調整を行い、正しい歩き方、足の使い方ができるようにして初回は終了。

2回目(3日後)

来院時、骨盤の歪みなどは良い状態がキープできていたが、足のだるさしびれを感じている。

初回と同じ施術をすると、初回より、可動域もよくなり、痛みだるさも、ほぼなくなったよう。
さらに、外反母趾の調整から、正しい歩き方、姿勢の指導も行った。

3回目〜5回目(5日おき)

足の痛みだるさは、立ち仕事が長時間の時は、少し感じるが、それ以外のときは問題ない。

良い状態を覚えさせるために、5回目まで同様の施術と指導を行う。

6回目

最終的なチェックを行い、足の問題は解消されていた。

今後は、定期的な身体のチェックが必要だと判断したので、相談して、1ヶ月に1回のペースで施術している。
今は、仕事も楽にでき、集中できているようだ。

同時に施術した症状

猫背骨盤矯正

施術方法

C1・骨盤捻転・大腰筋・外反母趾

院長コメント

今回は、股関節と関連している大腰筋と外反母趾の問題で、股関節から太ももに痛みだるさを感じていた事例。

特に、土台である「足」が外反母趾になっていると股関節にねじれを起こし、負荷をかける原因になる。

痛みがある部位だけに目を向けるだけでは、根本的な解決にはならない。

また、セルフケアとして、正しい歩き方や立ち方を意識して、患者さんもがんばった結果でもある。
立ち仕事も楽にできるようになって、よかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00