首肩こりからくる不眠、息苦しさの不調が改善されラクに外出できるように

お客さま

男性 40代 会社員 奈良

症状

首痛と首肩こりがひどくなると不眠や息苦しさなどの不調が出てくる。
特に夕方になるにつれ首が重くなる状態。

自身では、姿勢やストレスが原因だと考えている。

あと、たまに左腕〜左手にかけてしびれを感じることもしばしばある。
外出したり、身体をかばいながらの生活をどうにかしたいということでネットで調べて来院。

katakori-syourei04

施術内容と経過

足型検査、関節可動域などの検査を行うと「足=小指の歪みねじれ」がわるい姿勢になり、血行不良を起こし首こり、不眠などの不調が出ている。

初回

まず足指、足首の調整をおこなったところ、首の振り向く動作がうごきやすくなった。

さらに、直接的な施術として首と頭蓋骨の調整をおこなうと「視界があかるくなった」とのこと。
最後にテーピングをして初回は終了。

2回目

仕事の都合で1週間ほど間隔があいたが、初回にチェックした大きな歪みは5割ほどは戻っているが、ある程度いい状態がキープできている。

これでいける!と確信したので同じ施術を2回目〜4回目まで繰り返しおこなう。

5回目

5回目の来院時には、夕方に首こりがきつくなる症状が緩和され、睡眠もとれるようになってきた。

呼吸器系が疲れているので、横隔膜の調整をおこない、しっかり酸素を取り込んで回復しやすい施術に変更。

6回目

6回目で再検査。
初回におこなった検査をすると、足の小指のねじれも良くなり、良い姿勢が自然とキープできている。

セルフケアの方法も改めて確認して終了。
今は、自分でだと放っておきそうなので2ヶ月に1回ほどケアしているが、日常を楽しめているようだ。
よかった。

同時に施術した症状

不眠

施術方法

足の小指の調整・骨盤捻転・頚椎調整・クラニアル

院長コメント

今回の首こりのケースは、疲労やストレスなどが蓄積されたこともあるが「足の小指」が原因になっていた。
足の小指は、身体を支える、足の機能を保つためにも非常に大切なところだ。

足の小指は、身体の中でもほとんど忘れがちになるところであるが、足型検査や足のチェックをおこなうと、地面に小指が着いていないこともよくある。

土台である「足」のバランスを整えることは、良い状態を長持ちさせるためにも非常に重要なポイントである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00