左開帳足による足の小指外側の痛みで歩くのが辛い

こんにちは!
たに整体院(桜井市・橿原市)の院長の谷 信弥です。

今回は、左開帳足による足の小指の痛みと、足甲の痛みを改善に導いた事例です。

お客さま

女性 40代 事務職 奈良県奈良市

症状

内反小趾の症例

左足の開帳足による、足の小指外側の痛みが2ヶ月前から感じ始めた。
床で踏ん張る動作をしても、痛みが出る。

前々から「開帳足かな?」と知っていたが、足の小指の痛みに合わせて、足甲の外側にも痛みを感じる。
今は、インソールでクッションや足のアーチを作るように対処しているが、あまり変化がない。

日常にも支障が出るので、ネットで足の専門院を探して、当院へ来院。

施術内容と経過

初回

足型検査をすると、やはり両足とも開帳足になっており、特に左足は外側の小指から小指の付け根に体重が集中している。

足関節を調整すると、踏ん張る動作をしても小指側の痛みは消えた。
最後に、テーピングをして良い状態をキープできるようにした。

2回目(初回から5日後)

まず、足関節の調整と合わせて、「正しい歩き方」の指導を行なった。

今まで意識していなかったようで、ふらつく感じがあるが、慣れると正しい足の使い方ができるようになる。

3回目〜5回目(7日おき)

正しい歩き方ができているかのチェックを行い、細かい点を修正。
それに合わせて、開帳足と、内反小趾の痛みを直接とるための施術を組み合わせた。

5回目では、足の痛みは気にならなくなり、足の小指の痛みが気にならなくなると、足甲の痛みも忘れるぐらい回復していた。
歩き方、立ち方のチェックを行って、問題なかったので終了。

長年の姿勢のクセがあったので、1ヶ月に1回ケアすることで、良い状態を保てている。

同時に施術した症状

開帳足

施術方法

C1・骨盤捻転・踵骨腓骨・テーピング

院長コメント

今回のケースは、開帳足から内反小趾の痛みが出てきた事例である。
足指の中でも、特に小指は大切で、足の小指が使えていないと、膝や腰、首への負荷も大きくなる。

正しい歩き方をマスターしたことで、足指をしっかり使えるようになり、すぐに変化は出ないが、足のアーチも少しずつできてくるだろう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00