イスに座るのがツラい仙腸関節炎

施術風景

たに整体院の整体で、「仙腸関節炎」の症状を改善に導いた事例をご紹介します。
あなたと同じ悩みかもしれませんので、参考にご覧ください。

お客さま

女性 50代 立ち仕事 奈良県桜井市

症状

症状事例

20年前からぎっくり腰を何度か繰り返し、慢性的な腰痛になっている。

最近、特に座るときに骨盤の真ん中あたり(仙骨)に痛みを感じて、長時間座ることができない。

また、合わせて肩こりからくる頭痛(左こめかみ)もひどい。

整形外科に行ったところ仙腸関節炎と診断され、湿布や電気治療をしたが、なかなか良くならない。

なかなか良くならないので、ネットで調べていて、当院のHPを見つけ来院された。

施術内容と経過

初回

施術風景

足型検査をすると、左右のバランスが崩れ、立ち方、歩き方に片寄りがあることが分かった。
ぎっくり腰にならないように、無意識にかばっているようだ。

そのため、骨盤や腰椎に歪みが起こりやすくなり、痛みが出ていることが原因と考えた。

まず、姿勢(骨盤・腰椎)と歩き方の調整をすると、座るときの痛みが軽くなった。
具体的には、椅子に圧迫されている感覚が軽減した。

最後に、足の調整を行い、良い状態を長持ちさせるようにした。

次回は、5日以内に来院するよう指示し、終了。
〈施術計画:施術期間2ヶ月・1ヶ月目は6回施術〉

2回目(初回から4日後)

立ち仕事時に歩き方の意識をしたことから、座るときの痛みは軽減している。
だが、まだ日常には、支障が出ている状態。

今回は、前回の整体に合わせて、仙骨と関連している頭蓋骨(クラニアル)の調整も合わせて行った。
左こめかみの頭痛は、楽になってきているようだ。

6回目まで同様の施術を繰り返すことにして、5〜7日おきで良い状態を覚えさせていく。

6回目

6回目で再検査。

足型検査を行うと、左右のバランスの崩れもなく、キレイな姿勢、歩行ができている。
土台である足が安定したため、骨盤や腰椎のねじれも問題ない。

座るときの痛みも楽になり、安定しているようだ。

施術としては、一旦終了。
一人でケアしていくのが不安だということだったので、1ヶ月に1回のケアを行なっている。

同時に施術した症状

慢性腰痛・ぎっくり腰

施術方法

C1・骨盤捻転・踵骨腓骨(足)調整

院長コメント

今回の仙腸関節炎の事例は、悪い歩き方により、骨盤や腰椎にねじれが起こり、痛みが出ていた。

痛みがある部位に、目が行きがちになるが、そこに原因があることもあれば、そうでないこともある。
今回のように、整形外科に行っても良くならなかったのは、そういった理由があるからだ。

たに整体院では、足から全身を調整し、根本を改善に導くことを目的に施術を行う。

もし、あなたが、整形外科や整骨院、接骨院などに行ったけど、なかなか良くならない症状でお困りの方は、気軽に相談してほしい。

必ずお役に立てると信じています。

著者紹介

プロフィール

著者:谷 信弥

たに整体院(桜井市・橿原市)院長

【所持資格】
真体療術・フットケアポディスト・疲労回復整体

「下半身症状の専門家」として、整形外科や整骨院・接骨院に行ったけど、なかなか良くならない症状でお困りの方を、数多く改善に導いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00