むずむず脚症候群

あなたはいくつ当てはまりますか?

  • 脚がむずむずして落ち着けない
  • 寝るときに脚を動かしたくなり寝付けない
  • 座っているときに脚を動かしたくなる
  • 脚にだるさ、気持ち悪い感覚がある
  • 常に身体がだるい感じ

もし、今あなたが脚がむずむずしたり、脚のだるさ違和感が続いている方は、むずむず脚症候群という状態かもしれません。

まずは自分の状態を知るためにも、どんな症状なのか、何が原因で起こっているのかを知っておきましょう。

むずむず脚症候群とは?

むずむず

むずむず脚症候群は、座っているときや、布団に入ったあと脚がむずむずして動かさないと仕方がない状態になったりすることで、睡眠が満足にとれなかったり、精神的に不安定になったり、日常生活にも支障が出てくる場合があります。

でも、適切な対処をすることで改善が期待できますので、あせらないでくださいね。

むずむず脚症候群の症状チェックリスト

足抱える

具体的には、このような症状の現れ方をすることが多いです。僕自身も経験があるので、僕の経験も踏まえて解説します。

①脚をだるくて動かしたくなる

これは、座っているとき、寝るときに起こりやすくじっとしている状態になると、脚を動かしていないと「もうイヤー!」という状態になってきます。人により感覚の個人差はあるので、「痛い」「かゆい」「むずむずする」「暑い」という感じ方をする場合もあり様々です。

➁脚を動かしていると症状が気にならない

これは、歩いているときや、脚を動かすようにしていると、脚の不快感は消えて、また動かさない状態になると、また不快感が出てくるという状態です。

➂夕方や夜になると脚の不快感が出始める

朝起きたときは問題なくても、一日仕事や家事をして疲れがたまってくると脚のだるさや不快感が出てくる状態です。ひどくなると昼間も感じることがありますが、多くの場合は夕方から夜にかけてが多いです。

一般的なむずむず脚症候群の原因と対策

医師

一般的にむずむず脚症候群の原因は、まだ解明されていません。神経の異常や栄養不足(鉄)、遺伝、血行不良など色々な原因があげられますが、現在の段階では、神経機能の障害なのではないかと言われているようです。

一般的なむずむず脚症候群の治療方法としては、マッサージ・リラクゼーション・接骨院・整体院・カイロプラクティック・鍼灸院・ストレッチ・栄養剤・薬物療法・温熱療法など色々な方法を考えることができます。

その中でも、まず大切なのは生活習慣の見直しです。次のような対処をして生活習慣を見直してみましょう。

▼お腹を温める

内蔵の働きが低下し、内臓疲労が蓄積してくると、身体全体の血行がわるくなりがちなので、お腹を湯たんぽやホッカイロなどを使って温める習慣をつけるようにしましょう。

また、むずむず脚症候群の方へ湯船につかることを習慣にしていない方も多いので、お風呂でゆっくり温まることも必ず意識的にするようにしましょう。

▼深呼吸(腹式呼吸)

目的は、横隔膜を動かすことです。横隔膜が緊張していると呼吸が浅くなり酸素の補給がうまくできなくなってきます。

なので、深呼吸をしてお腹をへこませたり、膨らませたりを意識して、生活の中に取り入れるようにしましょう。ポイントは、まとめた時間をとって深呼吸をするのではなく、お仕事合間や家事の合間に3回だけ深呼吸をするとか、そういう感じでOKです。

生活習慣などが原因になっている方は、まずは、この2つだけでも意識して生活すると、自律神経も安定してきて、改善が期待できますので、ぜひ試してください。

でも、身体にゆがみなどの原因があって、特に「足のアンバランスからくる姿勢の問題」がある方は、このような対策をとってもよくならないです。身体へのアプローチが必要になってきます。

なぜ、病院やクスリなど他の方法で良くならなかった症状が当院ではよくなったのか?

たに整体院

むずむず脚症候群は、一般的には生活習慣を見直したり、薬をつかったり、マッサージ行ったりしますよね?でも、当院ではむずむず脚症候群はそれが根本原因ではないと考えています。

なぜなら、当院の見立てとしては、むずむず脚症候群というのは「足」が原因になっている自律神経の問題と考えているからです。

人間の構造っていうのは、”建物”と同じ仕組みです。人間のカラダは、足裏から順に約206個の骨や約600の筋肉などで構成されており、建物のように下から積み上げられるようにできています。

そして、その土台となっているのが「足」で、「建物」でいう基礎にあたります。その基礎である「足」が外反母趾や浮き指、足首ねんざ、O脚など不具合が続いていると土台が不安定になり、身体の上部にもゆがみを起こす状態になるのです。

すると、次第に猫背やわるい姿勢になり、自律神経が乱れてきてむずむず脚症候群という状態になるのです。

※自律神経が集中している内臓、頚椎、頭蓋骨に負担をかけてしまう。

さらに、人間は建物と違い「歩行する」ので余計に歪みが起こりやすくなるのです。だから土台である「足」を安定させることで、自律神経が安定してきて様々な不調が改善されるとともに、良い状態が長持ちするのです。

だから、他の方法を試してもよくならない方は、ぜひ”たに整体院”へご相談ください。

もし、あなたがむずむず脚症候群を解消して熟睡したい、仕事をがんばりたい!という思いで読んでくれているのであれば電話してください。あなたと同じ経験をした僕にしかできないことがあると思います。

症状について詳しくはこちら

自律神経失調症

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たに整体院

たに整体院

住所
〒633-0047
奈良県桜井市橋本40-2
交通
近鉄大阪線「大福駅」から徒歩17分
TEL
電話をかける
  • 受付時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日
営業時間 日・祝
9:00〜20:00